バズログ BUZZLOG

MENU

記事制作

記事制作のライティングを外注する時に注意する4つのポイント

かまとりーぬ 13

目次

記事のライティング(記事制作)を外注したいな…。

上記のようにお考えではありませんか?

今現在、どの企業でもwebメディアの運用が必要不可欠ですが、自社で運用していくのが思ったよりも大変なのではありませんか?

記事ライティング(記事制作)を外注する事は、効率よくメディアを拡大する非常に良い方法です。

しかし、記事ライティング(記事制作)を外注する事で下記の様な不安要素もあるでしょう。

  • 記事の品質は大丈夫かな?
  • 納品時期を守ってくれるかな?
  • 外注するメリット・デメリットはあるのかな?

本記事では、上記3つの様な不安要素を全て解決していきます。

記事ライティングの外注をうまく活用し、効率良くメディア拡大につなげていきましょう。

ぜひ参考にしてみて下さい。

1:記事ライティング外注で失敗しない4つのポイント

記事ライティング(記事制作)を、初めて外注する際には沢山の不安要素がありますよね。

よく外注をして「失敗した~」という声を耳にしますが、外注時にポイントを抑えておくだけで上手く活用する事が可能です。

外注で失敗しない為の4つのポイントをお伝えします。

  • )打合せやヒアリング念入りに行う
  • )実績を確認する
  • )どのような人物がライティングするのか確認する
  • )キーワード選びは慎重に行う

上記4つの失敗しないポイントについて詳しくお伝えしていきましょう。これから外注しようとお考えの場合には、ぜひ確認しておいてください。

1-1:(1)打ち合わせやヒアリングを念入りに行う

記事ライティング(記事制作)を外注で行う際に、最も重要と言えるのが打ち合わせやヒアリングです。

打ち合わせやヒアリングをきちんと行っていないと、思った通りの記事が納品されず何度もやり直しをさせる事になり非常に面倒です。

打合せでは納品時期やライティングルールについて、きちんと提示しておきましょう。

具体的に話し合っておくべき項目は以下5つ等です。

  • 納品時期
  • 文字数
  • 文末表現
  • 見出し部分
  • 引用部分

上記5つ以外にも、自社メディアにアップするコンテンツとして守ってほしいルールを始めの段階で決めておく事が重要になります。

1-2:(2)実績を確認する

外注する企業の実績を事前に確認しておく事も重要です。

  • 必要最低限のスキルを持っているのか
  • 専門知識があるのか(※)
  • 求める記事ライティングが出来るか

制作実績を外注依頼する前に、上記の観点から確実に確認しておきましょう。

※ 専門知識が必要なキーワードの場合は、専門知識があるかどうかも必要な条件になります。

1-3:(3)どのような人物がライティングするのか確認する

外注で失敗しないポイントとして、どのような人物がライティングするのかも確認しておくと良いでしょう。

依頼する企業ではなく実際には誰が書くのかも重要です。

  • 依頼した企業の社員が書くのか?
  • そこから外注に依頼するのか?
  • アルバイトが書くのか?

どの程度の質のものを求めているかにもよりますがライターのレベルを把握しておいた方が良いでしょう。

1-4:(4)キーワード選びは慎重に行う

外注に記事ライティング(記事制作)をお願いする際には、キーワード選びも重要です。

どのような目的で外注するのかにもよりますが、大体の目的は「コンテンツの量産」でしょう。

コンテンツの量産に向いているキーワードは、検索数の少ないロングテールキーワードです。検索数の大きいビックキーワードは、自社で力を入れてレベルの高いものを作成しましょう。

どのキーワードを外注するかも、大事なポイントです。

ロングテールキーワードについては、下記の記事を参考にしてください。

関連記事:ロングテールSEOがあなたを救う!最も効果的な5つの実践方法

2:外注する3つのメリット・1つのデメリット

記事ライティング(記事制作)を外注するメリットはあるのかな?

外注をしたことが無ければ上記のようにお考えですよね。

もちろん自社でWebメディアの運用が回せるほど、人員がいるのであれば外注する必要性はありません。しかし「人が足らない」「他の仕事がおろそかになる」様な状況であるのであれば、損はないでしょう。

記事ライティングを外注する3つのメリットと、1つのデメリットについて紹介していきます。

【メリット】

  • ① コスト削減
  • ② 短期間で記事の量産が可能
  • ③ 品質の維持が可能

【デメリット】

  • ① 記事のクオリティにバラつきが生じる

上記3つのメリットと1つのデメリットについて詳しく解説していきましょう。

2-1:3つのメリット

記事ライティングを外注する3つのメリットについて解説していきます。

① コスト削減

Webメディアの運用には、相当な時間と手間・体力が必要です。

メディア運用のために人員を増やすにもお金がかかります。

そこで外注で記事ライティングを発注した方が、コストを削減しつつコンテンツの量も増やすことが可能です。結果的に人を雇うよりも、外注した方が経費を抑えることが出来ます。

② 短期間で記事の量産が可能

外注で記事制作を依頼する事により、短期間で記事を量産する事が可能です。

Webメディアの運用において、記事の品質も重要ですが量も重要な要素の1つになります。記事の量を増やす事で、メディアの強みを最大限発揮させることが可能です。

③ 品質の維持が可能

専門のWebライターに記事制作を依頼すれば、ある程度の記事品質で納品してもらう事が出来ます。またSEOに特化した業者に外注すれば、SEOを意識した構成での記事納品も可能です。

外注時にどのくらいのクオリティを求めているかも含めて、依頼すると良いでしょう。

2-2:1つのデメリット

記事ライティングを外注するデメリットについて紹介します。

① 記事のクオリティにバラつきが生じる

記事ライティングを外注する場合、記事のクオリティにバラつきが生じることが1番のデメリットでしょう。

専門のWebライターに直接的に外注できる場合には、高品質な記事制作が期待できます。

しかし、記事制作の仲介業者にお願いする場合には、様々な一般ライターへ記事を依頼する事になるため書き方や質にもバラツキが生じてしまうのです。

品質を求めるのであれば、仲介業者ではなく自社で記事制作をしてくれるところをオススメします。

3:記事ライティング外注サービス5選と相場

記事ライティングを外注しよう!このように思い立っても、どの業者へお願いするか悩みますよね。

クラウドソーシングサービスを利用する場合、相場はあって無いようなものと考えましょう。

ライターにより価格は様々で、1文字1円~1文字3円など相場という価格帯がはっきりと決まっていません。

その人の力量により価格は変わってくるのです。

今回は、人気のある記事ライティング外注サービスを5つ紹介します。

  • shinobiライティング
  • ランサーズ
  • サグーワークス
  • ビズシーク
  • 記事作成代行ドットコム

上記5つのサービスについて詳しく解説していきます。

3-1:shinobiライティング

shinobiライティング

shinobiライティングは、記事制作を専門で取り扱っているクラウドソーシングサービスです。

記事発注シェアは業界NO1と言われており、細かいニーズにも応じたライターを選出する事が出来ます。

shinobiライティングは金額が一律で決まっており、1文字1円です。

(※5.000円以下の発注の場合は、事務手数料160円)

プロライターに記事制作を依頼すると1文字3~4円になるので、かなり低価格で記事ライティングを依頼する事が出来ます。

短期間でコストを抑えて大量に記事を増やしたい場合には、shinobiライティングを利用すると良いでしょう。記事をアップするまでの時間短縮に活用する事が可能です。

shinobiライティング 公式サイト

3-2:ランサーズ

ランサーズ

ランサーズは、記事制作を専門としているクラウドソーシングサービスの中でも日本最大規模の老舗サイトです。システム利用料の5~20%以外は、ほぼすべて無料で利用する事が出来ます。

そんなランサーズの記事制作相場は・・・

ランサーズ 公式サイト

3-3:サグーワークス

サグーワークス

サグーワークスは、国内最大級の記事制作サービスです。

求めている記事の品質やスピードに応じて様々なプランがあり、それぞれに対応した内容で記事を発注する事が出来ます。

また、サグーワークスではライターの確保から納期管理・発注・アサインなど面倒な管理はすべてサグーワークス側が行ってくれます。

その為、気軽に記事を外注で発注する事が可能です。

サグーワークス 公式サイト

3-4:ビズシーク

ビズシーク

ビズシークは手数料が安く人気のある記事制作代行サービスです。

実名ユーザーが多いのも特徴の1つで、記事制作を依頼する上で一つの安心材料となるでしょう。

また2つの方式で記事発注が可能で、コンペ式・プロジェクト式から選ぶことが出来ます。

ビズシーク 公式サイト

3-5:記事作成代行ドットコム

 記事作成代行ドットコム

記事制作代行ドットコムは、大量生産を得意とする記事制作代行サービスです。

アフィリサイトサイトやブログ記事の作成が可能で、幅広いジャンルの記事ライティングに対応する事が出来ます。とにかく量を増やしたい場合には、大量生産を得意とする記事制作代行ドットコムがオススメです。

記事制作代行ドットコム 公式サイト

まとめ

記事ライティングの外注について詳しく紹介してきました。

Webメディアの運営を社内だけで回すのは、かなり労力を使う大変な作業です。

コンテンツの発信も検索上位を狙うなら毎日更新する必要があります。

そんな時、外注で記事ライティングを発注すれば作業効率の短縮になるのです。

もちろん外注時に気を付けなければいけない事はありますが、コンテンツを効率的に増やすには良い方法の一つでしょう。外注で記事ライティングをお願いしようと考えている場合には、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 13

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事