バズログ BUZZLOG

MENU

記事制作

記事タイトルで順位を上げる!グンと伸びる7つのコツと自動育成ツール

かまとりーぬ 5

目次

クリックされやすい記事タイトルの作り方が知りたい!

記事のタイトルはコンテンツを検索上位表示させるための重要なポイントです。

中身が良ければ読まれるでしょ?素晴らしいコンテンツ内容であっても、まずはクリックしてもらう必要があります。検索結果で表示される記事のタイトルは、とっても大事だという事を覚えておいてください。

記事を作成する上で、読まれるか否かを決めるのはタイトルです。
絶対に手を抜かず、タイトルを決めていきましょう。

今回はクリックされる記事タイトルの作り方について詳しく解説していきます。

クリック数にお悩みの場合には、ぜひタイトルの作り方を改善していきましょう。

1:クリックされやすい!記事タイトルを作る7つのコツ

クリックされやすい記事タイトルの作り方が知りたい!

記事タイトルの作り方次第で、あなたのコンテンツが検索上位表示されるかどうかほぼ決定します。
ではどの様に作成すれば良いのか、7つのコツを紹介しましょう。

  • 自分に役立つことが分かる
  • 記事とタイトルの内容を一致させる
  • 数字を入れて具体性を持たせる
  • かんたんに出来ることをアピール
  • ユーザーが使う言葉を使う
  • 短く簡潔につくる
  • インパクトを持たせる

上記7つのコツを意識してタイトルを作成すれば、今よりもクリック数は確実にアップすることが期待できるでしょう。7つのコツについて詳しく紹介していきます。

1-1:自分に役立つことが分かる

タイトルは「自分にとって役立つ情報」が書かれていることが一目で分かるように作成しましょう。

タイトルを見たときに、この記事を読めば悩みや課題を解決できるという事が伝わるようにします。
2つのポイントを意識して、アピールしましょう。

  • (1)検索意図を考える
  • (2)どのように役立つのか・誰に向けて書かれているのか

検索ユーザーは何か知りたいことがあって調べています。
その意図を明確に理解し、誰にとって役立つコンテンツ内容なのかを意識しましょう。

例:DIY初心者でも出来る!短時間で棚をつくる4つの方法

「初心者向け」や「主婦必見」など、ターゲットとするユーザーを明確にし何に役立つのかハッキリ書きましょう。「DIYで棚をつくる」だけでは内容が漠然としすぎてて、ターゲット範囲が広すぎクリックされる確率は減ってしまいます。

1-2:記事とタイトルの内容を一致させる

記事の内容とタイトルの内容を一致させることも大事なポイントです。

ユーザーはタイトルをみて「こんな事が分かるんだ!」「この記事を読めば、こんなことが解決できるんだ!」と感じてクリックをします。記事の内容とタイトルの内容が、あまりにも違う(不一致)のはNGです。

タイトル作成時には、以下2つの点を注意しましょう。

  • ① 内容との不一致
  • ② 煽りすぎ・釣るようなタイトル

タイトルと内容との不一致は、記事を読んだ際に裏切られた様な気持ちになります。煽りや釣るタイトルは、クリックを集める容易な方法です。しかし読んだユーザーは騙された気持ちになり不快になるでしょう。

上記の様な気持ちになったユーザーは「二度と読みたくない」とガッカリしサイトの信用問題にも発展してくることが考えられます。時には煽るようなタイトルも必要ですが、やりすぎには注意が必要です。

内容とマッチする魅力的なタイトルをつける様に意識しましょう。

1-3:数字を入れて具体性を持たせる

タイトルには数字を出来るだけ入れる様に心がけましょう。

具体的な数字を入れ込むだけで説得力がアップし、クリック率が上がる傾向があります。広告のキャッチや書籍タイトルにも、よく使われる手法で数字を入れた方が売り上げが上がるとも言われているからです。

さらに人間の心理として、説明される内容を前もって提示された方が安心し順番に情報を得るということが分かっています。

例1:DIY初心者へ贈る!壁紙の張り替えに必要な5つの道具
例2:収納を作る!オシャレなデザイン例15選

数字入れることで、具体的な内容が明確になるでしょう。
タイトルを作成する際には、なるべく数字を入れるように心がけてください。

1-4:かんたんに出来ることをアピール

タイトルは「かんたんに出来る」ということをアピールすると、クリックされやすい傾向があります。

検索ユーザーは「時間が無い」「面倒なことは嫌だ」と思いながらも、「誰でもかんたんに出来る方法」を探しています。タイトルを見て、自分でもできそう!やってみようかな?と感じさせることが需要です。

例1:5分で出来る!はじめてでも作れるDIY3選
例2:1日5分で出来る!1ヶ月で3キロ痩せるストレッチ法

誰でもすぐに実践できる!ということを強調させるタイトルを作ってみましょう。

1-5:ユーザーが使う言葉を使う

タイトルには、ユーザーが実際に使う言葉を使用する必要があります。

SEOを意識したタイトルは不自然になりがちですが、ユーザーが実際に使用し検索する言葉をタイトルで使うことによりクリックされる確率がアップするのです。

例えば「DIY」という単語なら、正式名称は「Do It Yourself」になります。
しかしDIYを検索する際に、Do It Yourselfとは検索しませんよね。

ターゲットユーザーに合わせた言葉でタイトルを使用する必要があるのです。
専門業者向けの記事ではなく初心者向けの記事なら、初心者向けの言葉を使う様にしましょう。

1-6:短く簡潔につくる

タイトルは短く簡潔につくる必要があります。

ユーザーは検索結果でタイトルを1つ1つじっくりとは見ないでしょう。
短く簡潔に書かれているタイトルであれば、一目みて内容を把握することが可能です。

内容がまとめられているタイトルでも、「長い」タイトルは誰も読みません。
要約のテクニックを磨き、短く簡潔にタイトルを作成しましょう。

タイトル文字数については2章で詳しく解説していきます。

関連記事:バズらせるなら32文字を意識!SEOのタイトル文字数と4つのコツ

1-7:インパクトを持たせる

タイトルにはインパクトを持たせる必要があります。

上記1-1から1-6で紹介した方法でタイトルを作成したら、あとはタイトルにインパクトを持たせて他とは違う印象を与えましょう。インパクトは5つの方法を使って与えていきます。

  • 緊急性:「今すぐチェック!」「緊急セール!」など今すぐに確認してほしいという事をアピール
  • 不安:「あなたは大丈夫?」「今更聞けない!」など不安を煽る内容をアピール
  • 必要性:「Web担当者なら知っときたい!」など必要性をアピール
  • トレンド:「オリンピック直前!」「タピオカの次に流行る!」などトレンドを含ませてアピール
  • 知名度:「テイラースウィフト愛用!」など知名度をアピール

上記の様にインパクトを使用することで、ユーザーはタイトルに目をつけやすくなります。

2:クリック率を更にアップさせる!3つのポイント

記事タイトル作成のコツについて紹介してきました。

その他に気を付けるポイントは無いの?
記事タイトルを作成する際に、注意するポイントは沢山あります。

その中でも作成時により注意することで、クリック率があがる3つのポイント紹介しましょう。

  • 文字数は32文字を意識
  • キーワードは前半に配置
  • 文章を区切る

上記3つの注意ポイントについて詳しく紹介していきます。

2-1:文字数は32文字を意識

タイトルを作成する際に文字数を注意する様にしましょう。

文字数は32文字以内でタイトルを作成し、32文字を超えないようにします。

なぜならGoogleの検索結果でタイトルが表示されるのは32文字までだからです。32文字を超えた場合、33文字からは見切れてしまいます。見切れてしまったタイトルは誰も読まず、内容も伝えきれなくなってしまうでしょう。

しっかりと内容を伝えきるためにも、タイトルは32文字以内で作成するようにします。

文字数カウントツール「numMoji」を使用すれば、簡単に文字数を確認することが可能です。
ぜひ使用してみてください。

numMojiを使用する

2-2:キーワードは前半に配置

キーワードをタイトルの前半に配置することで、ユーザーの目に留まる可能性が高くなります。

SEO対策上、1コンテンツ1キーワードが最も良いとされている事をご存知でしょうか。
そのキーワードをタイトル前半に持ってくることで、何について書かれている記事なのか直ぐに理解することが出来ます。

タイトル作成時には、キーワードをなるべく前半に配置するよう意識をしましょう。

関連記事:SEOするキーワード数は1ページにつき1個が最も効果的な理由

2-3:文章を区切る

タイトルの文章は2つに区切ると効果的です。

文として長いと、読みづらく伝わりづらくなります。
その為、できるだけタイトルは2つに区切るようにしパッと見て分かりやすいタイトルにしましょう。

良くない例:DIYの達人が教える3つの便利ツールと必需品を紹介
良い例:DIYの達人が教える!3つの便利ツールと必需品を紹介

文を区切った方が見やすく読みやすくなりましたね。
区切ることのできるタイトルであれば、出来るだけ区切るようにしましょう。

3:タイトル作成を助ける!3つのアイデアツール

タイトルが決まらないな・・・。いつも同じ様なタイトルになってしまう。

上記の様にお悩みであれば、タイトル作成を手助けしてくれるツールを活用してみましょう。

ツールを使えば、新しいアイデアを発見することが出来ます。タイトルを作るのが苦手な場合にも、作成がもっと楽になるはずです。

オススメのアイデアツールは3つあります。

  • ブログ作成支援
  • バカ売れキャッチコピーを作成!プロ直伝のタイトルメーカー
  • コピーメカ

3つの中でもオススメは「ブログ作成支援」です。
タイトル案だけでなく、文章構成のヒントも与えてくれます。

上記3つのアイデアツールについて詳しく紹介していきましょう。

3-1:ブログ作成支援

ブログ作成支援

ブログ作成支援は、無料で使えるタイトル作成ツールです。

キーワードを入力し検索をすると、自動でタイトル案を作成してくれます。

また、気に入ったタイトル案をクリックすると本文構成案を表示してくれるのです。
記事の構成に迷った際にも、ヒントとして活用することが出来ます。

「DIY」というキーワードで表示されたタイトルを3つ紹介しましょう。

  • 候補1:ライバルには知られたくないDIYの便利な使い方
  • 候補2:安くてうまいDIYにハマってます!
  • 候補3:「いい加減、DIYなんていやだ!」と思ったときにおすすめの方法

タイトルを作成する上で、アイデアを生み出すために活用できるツールになります。

さっそく使ってみる

3-2:バカ売れキャッチコピーを作成!プロ直伝のタイトルメーカー

メガトリ

バカ売れキャッチコピーを作成!プロ直伝のタイトルメーカーは、タイトル作成が苦手な人へキャッチコピー・タイトルを提案する無料のツールです。

キーワードを入力し検索すると、自動で複数のタイトル案を作成してくれます。画面下にある「最近作成されたバカ売れキャッチコピー100」では他ユーザーが作成したキャッチコピーが表示され、1つのアイデアとして参考にすることが可能です。

「DIY」というキーワードで表示されたタイトルを3つ紹介しましょう。

  • 候補1:生活をもっと便利に・楽しくしてくれる無料DIYサービスいろいろ
  • 候補2:「DIY業界という無法地帯へ」
  • 候補3:DIYは、学生の中から生まれるんだね。うん。

上記の様なタイトル案が表示されます。

そのままでは使用出来ないものもありますが、キャッチーな記事タイトルが表示されタイトル作成のヒントとなるでしょう。

さっそく使ってみる

3-3:コピーメカ

コピーメカ

コピーメカは、キャッチコピー作成ツールですがタイトル作成時にも活用できる無料のツールです。

キーワードを入力し動詞を選び「~を~する」という言葉になるように設定し検索します。検索すると複数のキャッチコピーが自動育成され表示されるのです。

「DIY」というキーワードで表示されたキャッチコピーを3つ紹介しましょう。

  • 候補1:毎日ができたてほやほやのDIY
  • 候補2:つまらないDIYに用はない
  • 候補3:がんばる人のためのDIY

上記3つの様なキャッチコピーが表示されます。

インパクトのあるアイデアが欲しい場合には、ぜひ活用したいツールの1つです。

さっそく使ってみる

まとめ

記事タイトル作成のコツについて紹介してきました。

記事タイトルは、記事がクリックされるか・読んでもらえるかを決める重要な役割を持っています。
クリックされやすいタイトル作成を意識するだけで、クリックされる確率は大きくなるのです。

適当にタイトルをつけるのではなく、何が解決できるのか誰に向けて書いた記事なのかを具体的に表しましょう。魅力的なタイトルをつけることによって、あなたの記事はもっと読まれる可能性があります。

ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 5

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事