バズログ BUZZLOG

MENU

2019-01-15ソーシャルメディア

1週間で検証!『Facebook広告効果ない』から『効果約54倍』へ

土肥大夢 4

目次

「Facebook広告って効果ないの?」

いいえ、そんなことはありません。Facebookは利用ユーザーがとても多い誰もが知っている人気SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。ユーザー数を見れば、効果がないわけがありません。

結論から言うと、Facebook広告が効果ないと思っている方や、そう聞いた方は捉え方を間違っています。効果が出ていないのは広告を出す側に問題があるのです。

今回はFacebook広告が効果ないと思っている方や、これからFacebook広告を出そうと思っている方へ見てもらいたい内容になっています。

Facebook広告の効果がより期待できるテクニックを使いながら、実際に1週間Facebook広告を使って実践します!

1:Facebook広告は効果ない?

Facebook広告を利用して効果がないと思っている方、とりあえずFacebookに広告を出しておけばPV数や収益が伸びると勘違いしている方がほとんどです。

Facebookの力に頼りすぎているのが一番の勘違いになります。

Facebookはユーザー数が多い超人気SNSです。うまくFacebook広告を使えば様々な点で効果が期待できます!

2:3つの確認ポイントで『効果ない』から効果2倍へ

Facebook広告だけでなく、広告を出す際には次の3つの確認ポイントは必ず重要なものです。

  • 広告出稿するコンテンツがFacebook広告に合致しているか?
  • 広告のタイトルはユーザーを惹きつけられるものか?
  • 広告の中身、提供する商品やコンテンツは質の高いものか?

効果がないのと思っている方は、これら3つの確認ポイントを飛ばしているはずです。実践すれば、効果が出るどころでなく、ユーザー目線をしっかり捉えることができれば2倍以上の効果がFacebook広告に期待できます!

2-1:広告出稿するコンテンツがFacebook広告に合致しているか?

Facebookを利用するユーザーと広告として出すコンテンツは相性がいいものなのか。これが最も重要な確認ポイントです。

例えば、原宿の情報を発信するコンテンツを広告として出稿するとします。

原宿というキーワードのコンテンツで閲覧するユーザーは『若い世代』『中高生』です。

それに対して、Facebookを利用するユーザーは中高生というよりは『社会人』『20代後半以上』『大人』という層が利用しています。

つまり、Facebook広告と原宿のコンテンツはあまり相性が良くないということが考えられます。

原宿の情報をメインに発信するコンテンツならTwitterやInstagramの広告を利用する方が集客へ繋がる可能性が高いということになりますよね。

”Facebook広告が本当に一番集客へ繋がるのか、コンテンツとの相性をしっかり知った上で広告を出す必要があるのです。”

2-2:広告のタイトルはユーザーを惹きつけられるものか?

Facebookユーザーが閲覧しそうなコンテンツを広告として出した時、そのコンテンツのタイトルは重要です。

広告の内容がどれだけ良くてもタイトルに魅力がなければ、中身を読まれることはありません。ユーザーは広告のタイトルを見て中身を読むか決めるのです。つまり、第一印象が大事だということになります。

お金を払って、目立つ場所にコンテンツを設置してもタイトルが微妙なら効果を薄めてしまいます…

ユーザーを2倍惹きつけるタイトルの付け方は下記記事で詳しく解説しています↓

バズらせるなら32文字を意識!SEOのタイトル文字数と4つのコツ

2-3:広告の中身、提供する商品やコンテンツは質の高いものか?

広告として出す商品やコンテンツの質は集客する上で結果に現れます。

「PVだけが伸びても集客は伸びない…」

この場合、広告の中身に問題があります。PV数はFacebook広告の力とタイトルで集めることができますが、集客へ繋がるかは実際の内容が重要です。本当に閲覧したユーザーが求める結果を満足させることができるのかを伝えなければいけません。

3:【1週間検証】本当にFacebook広告は効果ないのか試してみた

今回は株式会社バズったーが運営する『4nema.com』のコンテンツをFacebookへ広告出稿してみます。

ちなみに、4nema.comはVODサービス系の総合情報メディアです。Facebookでのリーチ数はなかなかのもので、相性は悪くありません。

3-1:Facebook広告の出す手順

せっかくなのでFacebook広告の出し方も併せて紹介します。

Facebookページを作成していない方は下記記事でFacebookページの作成手順を解説しますので見ながら作成してください。

Facebookページの作成手順と必ず設定すべき10項目の基本データ

①Facebookページへログイン

①

②”広告を出す”を選択

① 2

③広告を選ぶ※今回は投稿を広告として出します

③

④Facebook広告へ掲載するコンテンツを選択

②

⑤ターゲットと広告の期間を決めます※今回は1週間なので7日間

⑤ ⑥

⑥支払方法を選択→”次へ”で広告申請完了

Facebook広告は審査があるためすぐに広告出稿とはなりません。

⑦

3-2:審査から掲載までの流れ

Facebook広告はお金を支払えばどんな物でも出せる訳ではありません。広告を出す際には必ず審査が入ります。これはどの種類のFacebook広告でも共通する点です。

①アカウントページ上”広告センター”を選択

確認1

②Facebook広告のページを確認

出した直前は「審査中」と表示がされます。

審査中

③「アクティブ」でFacebook広告掲載完了

ここから7日間検証スタートです。

アクティブ

3-3:【7日間検証】Facebook広告の効果を検証

<1日目>

  • リーチ数:770
  • エンゲージメント数:28

1日目
<2日目>

  • リーチ数:1,424(前日比:+84.9%↗︎)
  • エンゲージメント数:52(前日比:+85.7%↗︎)

2日目

<3日目>

  • リーチ数:2,580(前日比:+81.1%↗︎)
  • エンゲージメント数:100(前日比:+92.3%↗︎)

3日目

<4日目>

  • リーチ数:3,880(前日比:+50.3%↗︎)
  • エンゲージメント数:147(前日比:+47.0%↗︎)

4日目

<5日目>

  • リーチ数:4,607(前日比:+18.7%↗︎)
  • エンゲージメント数:195(前日比:+32.6%↗︎)

5日目

<6日目>

  • リーチ数:5,167(前日比:+12.1%↗︎)
  • エンゲージメント数:(前日比:+16.4%↗︎)

6日目

<7日目>

  • リーチ数:5,819(前日比:+12.6%↗︎)
  • エンゲージメント数:278(前日比:+22.4%↗︎)

7日目

3-4:Facebook広告で約50倍の効果を実感

total

Facebook広告の効果は結果としてありました。

Facebook広告なし Facebook広告あり
リーチ数 131  5,688
エンゲージメント数 5 273

Facebook広告があったことによって、リーチ数は約43倍エンゲージメント数は約54倍の効果を得ることができました。

4:Facebook広告は2度目、3度目で効果が出てくる

3章で実際にコンテンツをFacebook広告へ出した結果

『Facebook広告は効果がある』ことがわかりました。

実際には、低コストで出せる広告なので最初から100倍などの大きい効果は求めることはナンセンスでしょう。しかし、1度目のFacebook広告で効果が出ないのはあるあるなことです。

2度目、3度目で1章でお伝えした確認ポイントを見直しながら、効果を伸ばしていきましょう。改善に改善を重ねればFacebook広告の効果を実感できるはずです。

まとめ

Facebook広告に効果がないと感じる方は、広告の出し方を工夫をしましょう。

  • 広告出稿するコンテンツがFacebook広告に合致しているか?
  • 広告のタイトルはユーザーを惹きつけられるものか?
  • 広告の中身、提供する商品やコンテンツは質の高いものか?

この確認ポイントはFacebook広告だけでなく、広告を出す際にとても重要なポイントです。

効果が得られない広告はお金の無駄遣い。『効果が出る』から『効果が2倍、3倍』になるようにちょっとした工夫と改善を繰り返すことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 4

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次
    ページ上部へ