バズログ BUZZLOG

MENU

2019-04-10SEO

検索クエリとは?を完全攻略!3つのツールでPV&CVが10倍増

土肥大夢 5

目次

検索クエリとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでユーザーが入力した言葉のことを言います。検索エンジンを使うときにユーザーが最初にとる行動のことでもあります。

僕は検索クエリに関して次のように考え、ライティングに関わる方へ頻繁にこう言います。

『検索クエリ=超重要ユーザーニーズ』

検索クエリはWebサイト運営者が把握しておくべきユーザーの最初の行動パターンです。検索クエリを把握しておくことで、その後のWebサイト運営に役立てることができます。

「単純にWebサイトのPV数を増やしたい!」 「SEO対策をしたい」という狙いも検索クエリを把握、活用することでうまく進めることが可能です。

そこで今回の記事では「検索クエリとは?」から検索クエリを完全攻略するための3つのツールまで丁寧に解説していきましょう。

1:検索クエリを知る2つのメリット

検索クエリを把握するメリットは次の2つです。

  • SEOやWebマーケティングに役立つ
  • 集客につなげることができる

Webサイト運営者が検索クエリの情報をどれだけ重要視しているか、これはWebサイト力に直接関係してきます。アクセスユーザーが最初にとる行動が検索クエリに当たるわけですから、ユーザーニーズといった超重要ポイントをきちんと捉えられているのかというポイントに繋がってくるのです。

人気のあるWebサイトとコンテンツ量はあるのに人気のないWebサイトのはっきりとした違いは、検索クエリにどれだけ重きを置いているかなのです。

1-1:SEOやWebマーケティングに役立つ

記事冒頭でもお伝えした通り『検索クエリ=超重要ユーザーニーズ』です。

SEO対策でもWebマーケティングでも伸びるWebサイトや売れているる宣伝方法は、必ず狙うターゲットのユーザーニーズが的確に捉えられています。

検索クエリの重要性と見方さえわかれば、簡単にユーザーニーズを捉えることができ、ある程度までなら伸びるWebサイトを作成することができるのです。

1-2:集客につなげることができる

検索クエリを使ってユーザーニーズを捉えた記事を更新し続けて、SEOをすると単純にPV数が右肩上がりになるはずです。

そうなれば、Webサイトのゴールである『申し込み』や『お問い合わせ』、『資料請求』につながってきます。

2:『検索クエリ≠検索キーワード』

検索クエリと検索キーワードは同じではありません。

検索クエリと検索キーワードの違いを一言で表すなら、ユーザーのナチュラルな検索フレーズであるか、そうでないかです。

検索クエリ ユーザーが検索エンジンに入力した素の言葉やフレーズ
検索キーワード Googleや広告主が決めた(設定した)検索語句

2-1:『Googleキーワードプランナー』で検索キーワードを抽出

検索クエリはユーザーのナチュラルフレーズを知るまでで十分です。

検索クエリで出てきたフレーズを使って、検索キーワードを導き出しましょう。この時にとても役立つのは、次の2つのツールです。

  • Googleキーワードプランナー
  • goodkeyword

一番のおすすめは、”Googleキーワードプランナー”ですが最低3,000円/月で料金が発生するので、完全無料で利用できる”goodkeyword”もおすすめです。

関連記事:【完全無料】Googleサジェストを一括ダウンロードできるツール5選

3:検索クエリを調べるための2つのツール

自身が運営するWebサイトの検索クエリを調べる方法は次の2つです。

  • Google Search Console
  • Googleアナリティクス

両方ともGoogleが提供するツールですね!

Webサイトを運営している方なら、知らないはずがないツールでしょう。

※ここでは導入している状態からの解説になります。

バズログでもSEOに関する記事で度々触れているのでまだGoogle Search ConsoleとGoogleアナリティクスを導入していない方は関連記事をご覧ください。

関連記事:サーチコンソールとアナリティクスの違いちゃんと理解できてる?

関連記事:【Googleアナリティクスの使い方】初心者向け導入手順と5つのポイント

3-1:Google Search Consoleを使った『検索クエリ』の調べ方

①Google Search Consoleを開き、”検索パフォーマンス”を選択

gsc①

②少し下にスクロールすると”検索クエリ”が表示されています

gsc②

3-2:Googleアナリティクスを使った『検索クエリ』の調べ方

①Googleアナリティクスを開き、”集客”を選択

ga①

②”Search Console”を選択

ga②

③”検索クエリ”を選択

ga③

④検索クエリが表示される

ga④

4:Googleキーワードプランナーで検索クエリを活用しPV&CV10倍増へ

検索クエリの調べ方がわかりました。

そこで次は検索クエリをGoogleキーワードプランナーを使って活用する方法をご紹介します。検索クエリを知るだけではSEOやWebマーケティングは絶対に成功しません。

Googleが定めている検索キーワードへ検索クエリを変換させることが集客へつなげるために重要なのです。

Step1:検索クエリをコピー

※今回は『ドメインパワー』を検索キーワード変換します。

活用法①

Step2:Googleキーワードプランナーを開き、”新しいキーワードを見つける”を選択

活用法②

Step3: 検索バーに検索クエリをペーストし、”開始する”を選択

活用法③

Step4:『ドメインパワー』という検索クエリの検索キーワードと関連キーワードが表示されました!

『ドメインパワー』という検索クエリは、検索キーワードになると『ドメイン パワー』になるようです。ドメインパワーで検索するユーザーに向けてコンテンツを作るなら『ドメイン パワー』で書いていくということになります。

活用法④

ここからさらにGoogleサジェストを一括検索する場合、記事中でも紹介した『goodkeyword』を利用するとさらに細かいターゲットも狙っていくことができます!

関連記事:【完全無料】Googleサジェストを一括ダウンロードできるツール5選

まとめ

検索クエリとは、検索するユーザーの言葉やフレーズのことでSEOやWebマーケティングを行なっていく上でとても重要度の高いものでした。

どのジャンルのWebサイトでも絶対的に大事なのは、正確なユーザーニーズです。

ユーザーニーズのズレは伸びないWebサイトや売れない宣伝方法になっていきます。自身のWebサイトへ訪れるユーザーのニーズをしっかり捉え、今後はコンテンツやページを増やしていきましょう。

  • Google Search Console
  • Googleアナリティクス
  • Googleキーワードプランナー

この3つがあれば検索クエリの攻略をすることができます。導入していないWebサイト運営者は今すぐ導入してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 5

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次
    ページ上部へ