バズログ BUZZLOG

MENU

2019-04-11SEO

コンテンツSEOに成功した私が教える!問い合わせ件数が10倍になる法則

フィクサー 7

目次

あなたは「コンテンツSEO」について、どんなことを知っていますか?

  • 記事コンテンツを継続的に量産する
  • 関連するキーワードを見つける
  • 効果が発揮されるまでに時間がかかる

etc…

今、上の3つのような知識が思い浮かんだ人は確実にコンテンツSEOのことを理解できていないと断言できます。

なぜなら、ユーザーの気持ちを考えていないからです。

コンテンツSEOとは、「ユーザーの悩みや関心に合わせ、具体的な目的に向かってコンテンツを発信するSEO対策」になります。

今回はコンテンツSEOのすべてについて、初心者でもわかりやすく解説した記事です。

現在、コンテンツSEOを行っている人も絶対に読んで欲しい記事になります。

ぜひ、参考にしてください。

1:コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、「ユーザーの悩みや関心に合わせ、具体的な目的に向かってコンテンツを発信するSEO対策」になります。

わかりやすく伝えるなら、、

ユーザーの悩みや疑問を的確なコンテンツで解決し、継続的に更新することで検索流入からユーザーを呼び込むSEO対策のことです。

今まであなたは、どんなSEO対策をしてきましたか??

  • 外部リンクを購入する
  • キーワードを分散して詰め込む
  • サテライトサイトを作成する
  • 記事をとにかく量産する

こんなSEO対策をしても、現在の検索エンジンでは絶対に上位表示することができません。なぜなら、Googleの考える検索エンジンは「良質なコンテンツをユーザーに届ける」ことだからです。

  • ユーザーの疑問や悩みを解決するWebサイトにする
  • あなたのWebサイトの目的を事前に明確にする

2つのポイントを押さえておくだけでコンテンツSEOは劇的に攻略できます。

2:コンテンツSEOの4つのメリット

コンテンツSEOを実践して成功すると4つのメリットを得ることができます。

  • アクセス数が劇的に上昇する
  • コンバージョン数が劇的に上昇する
  • ビックキーワードで上位表示しやすくなる
  • ナチュラルな被リンクを得られる

コンテンツSEOに成功すると、あなたは今までに味わったことのない程に多くの問い合わせを獲得することができるはずです。

2-1:アクセス数が劇的に上昇する

コンテンツSEOを実践して成功すると、アクセス数が劇的に上昇します。

PV数

上の図を見ていただくとすぐにわかります。約2年半のクライアントPVデータですが、最初の頃に比べると圧倒的にアクセス数が上昇していますよね。

ただ単に1つのキーワードだけ検索上位しても、ここまでアクセス数を上げることはできません。

売上を倍増させるまでには約1年ほど時間はかかるが、「コンテンツSEOに成功する=あなたの財産になる」ことを忘れないでほしいです。

2-2:コンバージョン数が劇的に上昇する

コンテンツSEOを実践して成功すると、コンバージョン数が劇的に上昇します。

コンバージョン数

こちらも上の図を見ていただくとわかりやすいです。約2年ほどで問い合わせ数が10倍に増えています。

※2017年4月ごろ:問い合わせ580件→2018年7月ごろ:問い合わせ9212件

問い合わせの数が約1年で10倍以上になることをあなたは想像したことがありますか?

私は、コンテンツSEOを始めるときから今よりも問い合わせ数は何十倍にもなると確信して日々継続してきました。

2-3:ビックキーワードで上位表示しやすくなる

コンテンツSEOを実践して成功すると、ビックキーワードで上位表示しやすくなります。

ビックキーワード

上の図は数々のロングテールキーワードで検索上位を獲得している一部です。ロングテールキーワードで検索上位を網羅することで、ビックキーワードで上位表示しやすくなります。

最初からビックキーワードを狙っても絶対に検索上位を獲得することはできないです。少しずつWebサイトを狙いたいジャンルに浸透させることをコンテンツSEOでは意識します。

2-4:ナチュラルな被リンクを得られる

コンテンツSEOを実践して成功すると、ナチュラルな被リンクを得ることができます。

外部リンク

外部リンクを買うようなSEO対策は時代遅れです。あくまでも良質なコンテンツを作成して共感を得てシェアされる記事を作ることが大切になります。

3:コンテンツSEOの2つのデメリット

コンテンツSEOにはメリットだけでなく、2つのデメリットもあります。

  • 成果を得るまでに時間がかかる
  • コンテンツが被ることがある

特に「成果を得るまでに時間がかかる」点がコンテンツSEOの一番のデメリットだと感じますよね。

2つのデメリットについて最初に知っておくことで、コンテンツSEOの進め方を考えてみて下さい。

3-1:成果を得るまでに時間がかかる

コンテンツSEOは、どんなに頑張っても運が良くても成果を得るまでに最低6か月はかかります。

6か月を「デメリットと感じるか」、「当たり前と感じるか」はそれぞれの状況によるでしょう。

ユーザーにも検索エンジンにも素晴らしいWebサイト(ブログ)にするには時間がとてもかかることを覚えておいてください。

3-2:コンテンツが被ることがある

コンテンツSEOは、キーワードに対して1つのコンテンツを書いていく施策です。

  • SEOとは
  • 検索エンジン最適化とは

2つのキーワードを見てください。どちらも意味としては同じですよね?2つのキーワードが同じ意味でコンテンツの内容が被ってしまうことがあるのです。

コンテンツが被ると「重複コンテンツ」となり、ペナルティを受ける可能性があります。

それぞれのキーワードに対して「ペルソナ」を徹底的に考え、デメリットを克服してください。

関連記事:あなたは大丈夫?重複コンテンツチェックは2つの無料ツールで簡単検証

4:コンテンツSEOの6つの始め方と1つの継続方法

これからコンテンツSEOを始めていく、または現在コンテンツSEOを施策している人のために「コンテンツSEOの6つの始め方と1つの継続方法」をわかりやすく解説します。

以下の手順でコンテンツSEOを始めて継続してください。

  • Googleの思いと検索エンジンの仕組みを理解する
  • 何のためにコンテンツSEOを始めるか明確にする
  • ユーザー像(ペルソナ)を掘り下げて設定する
  • キーワードを選定してコンテンツの組み立てをする
  • どんなWebサイトよりも素晴らしい記事を書く
  • ソーシャルメディアで拡散させる(広告も含む)
  • 良質な記事を更新&データ解析を徹底する

6つの手順と1つの継続方法を実践することで、あなたの想像を超えた問い合わせ件数を獲得できるはずです。

4-1:Googleの思いと検索エンジンの仕組みを理解する

コンテンツSEOを始めるときに最初にやるべきことは「Googleの思いと検索エンジンの仕組み」を正しく理解することです。

  • Googleの思い→ユーザーを最優先に考える
  • 検索エンジンの仕組み→クローリング、インデックス、ランキング

Googleは常にユーザーの意図を正確に把握し、ニーズに100%答えられる検索エンジンを目指しています。

上の2つを理解していれば、コンテンツSEOをスムーズに進めることができるでしょう。

関連記事:検索エンジンの仕組みが5分で分かる!初心者向け解説と3つの最適化

4-2:何のためにコンテンツSEOを始めるか明確にする

コンテンツSEOを始めるときに「何のためにコンテンツSEOを始めるのか?」を明確にする必要があります。

  • アクセス数を稼ぎたい関連するキーワードを網羅する
  • お問い合わせ件数を増やしたい集客できるキーワードに力を入れる
  • ビックキーワードを上位表示したいビックキーワードに関連ワードを網羅する

売り上げを上げる‘のは大前提ですが、その中でも目的を明確にしてコンテンツSEOに取り掛かることが大切です。

4-3:ユーザー像(ペルソナ)を掘り下げて設定する

あなたのWebサイトを見てほしい「ユーザー像(ペルソナ)」の設定を掘り下げて考えることが必要です。

例えば・・・キーワードが「コンテンツSEO」だった場合のユーザー像

  • 東京都目黒区在住
  • 男性、24歳、ひとり暮らし、彼女あり
  • Webマーケティング会社勤務(勤続1年)
  • 外注でのSEO案件を任された

勤続1年になるWebマーケティング会社で働いて初めて仕事を任された。上司から「SEO対策をしてほしい企業案件をお前に任せる」と言われSEOについて徹底調査をしているところ、コンテンツSEOがどうやら成果を上げられるとわかった。そこで「コンテンツSEO」について現在も調査中。

上の状況までユーザー像(ペルソナ)を設定することで、ユーザーに向けてどのようなコンテンツを発信すれば良いかわかってくるはずです。

ユーザー像(ペルソナ)を明確に掘り下げて考えていくと、次のステップ→「キーワード選定」がわかりやすくなります。

コンテンツSEOを始めるときは、必ずユーザー像(ペルソナ)を徹底的に掘り下げて考えてください。

4-4:キーワードを選定してコンテンツの組み立てをする

コンテンツSEOを始めるときにWebサイトの構造をうまく組み立てること、キーワード選定が必要です。

ロングテールSEO-9

Webサイトの構造が決定したら、ユーザー像(ペルソナ)に基づいてキーワード選定をします。

  • ビックキーワード
  • 関連キーワード
  • お宝キーワード

3つを思いつく限りのキーワードをエクセルにまとめましょう。その後、キーワード別に自分でわかりやすく管理してください。

関連記事:ロングテールSEOがあなたを救う!最も効果的な5つの実践方法

関連記事:SEO対策でキーワード選定をするときに利用すべき3つの方法

4-5:どんなWebサイトよりも素晴らしい記事を書く

コンテンツ(記事)を書くときには、どこのWebサイトよりも素晴らしいコンテンツ(記事)を書く必要があります。

記事を書くキーワードを決めたら、、、シークレットモードを利用してキーワードを検索窓に入力後、検索してください。

上位10サイトを徹底的に調査し、10サイトを超える素晴らしい記事を書きましょう。

4-6:ソーシャルメディアで拡散させる(広告も含む)

記事が完成したら、ソーシャルメディアで拡散させる必要があります。ただ単に良い記事を書いても、誰かに見てもらえなかったら意味がありませんよね。

ソーシャルメディア

必ず記事を公開したらFacebook、Twitterには最低限UPしてください。継続していくことでシェアされる可能性が増えていきます。

4-7:良質な記事を更新&データ解析を徹底する

コンテンツSEOを始めたら、とにかく良質な記事を更新していくことが大切です。

3か月継続後にデータの解析を始めてください。

  • Googleアナリティクス
  • サーチコンソール

2つのツールを使うことで効果的なデータ検証をすることができます。

まとめ

コンテンツSEO=「記事を量産してアクセスを集めるSEO対策」だと思っていた人は、今すぐに考えを変えてください。

コンテンツSEO=「ユーザーの悩みや関心に合わせ、具体的な目的に向かってコンテンツを発信するSEO対策」です。

どんなSEO対策にも近道はありません。成果を得られるまでに6か月以上の期間がかかりますがコンテンツSEOに成功すると、あなたが体験したことのない数の問い合わせを獲得できます。

あなたが本当にコンテンツSEOを成功させたいなら、今回の記事をじっくり理解して取り組んでほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 7

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事

    ページ上部へ