バズログ BUZZLOG

MENU

SEO

BERTアップデートとは?Google検索エンジンがクエリ返し向上に成功

フィクサー 28

目次

TwitterやSEO界隈のWebサイトで「BERT(バート)」という言葉を最近になって頻繁に見るけど、どのような意味なんだろう?

なんか新しいGoogleのアルゴリズムアップデートなのか・・・

Googleの革新的なアルゴリズムアップデートのBERT(バート)についてお悩みではありませんか?

BERTとは、2019年10月25日より開始された「Googleの検索エンジンが文脈をさらに理解することができるようになった」Googleアルゴリズムアップデートです。

今回は、BERT(バート)アップデートについてわかりやすく解説します。

ぜひ、参考にしてください。

1:BERT(バート)アップデートとは

BERT(バート)アップデートとは、Googleの検索エンジンが検索クエリの内容(文脈)を理解して、より的確な回答をしているWebサイトを検索結果に返すためのGoogleアルゴリズムアップデートになります。

もう少しわかりやすく言うと、

人間と同じように会話を理解し、その答えになる回答を的確に返せるようになったということです。

なぜなら、「BERT(バート)」と呼ばれる人工知能(AI)ベースの自然言語処理技術をGoogleが採用し、検索エンジンの会話能力を劇的に上げたことが要因となります。

※BERT(バート)は、「Bidirectional Encoder Representations from Transformers」の頭文字をとったものです。

1-1:BERTアップデートによる検索クエリの返し方

BERTアップデート後と前の検索クエリの返し方を見てみましょう。

BERTアップデート前

検索クエリ:代表取締役以外が登記簿謄本を取得しにいけますか?

検索クエリの返し:「登記簿謄本を取得する方法」について解説しているWebサイト(コンテンツページ)

BERTアップデート後

検索クエリ:代表取締役以外が登記簿謄本を取得しにいけますか?

検索クエリの返し:「社長以外の従業員が登記簿謄本を取得する方法」について解説しているWebサイト(コンテンツページ)

検索クエリの例を見てわかっていただけましたか?

長い会話型の検索クエリ”に対してBERTの自然言語処理が働き、検索クエリでより的確なWebサイト(コンテンツページ)を表示できるようになったのです。

1-2:BERTアップデートと強調スニペットの関係性

BERTアップデートは、強調スニペットの生成にも大きく関わっています。

強調スニペットは、現在20か国以上で提供されていて、すべての国でBERTアップデートが使われています。

間違いなく日本でもBERTアップデートの影響があるはずです。

関連記事:強調スニペットとは?Webサイトのアクセスを激増できる2つの裏ワザ

2:BERTアップデートによるSEOの影響

BERTアップデートによるSEOの影響は2つほどありました。

  • 検索クエリの10分の1(10%)に影響あり
  • ロングテールキーワードで影響あり

2つの影響をみても、SEOに大きく影響はしていませんでした。

2-1:検索クエリの10分の1(10%)に影響あり

日本での影響はまだ正確にわかりませんが、英語圏で検索クエリの10分の1(10%)の影響がありました。

細かくユーザーの目線でコンテンツを作成していたページが上位表示したようです。

2-2:ロングテールキーワードで影響あり

ロングテールキーワードで影響がありました。

ニッチなキーワードは、より詳細のページを書くことが多いですよね。そのため、ロングテール(スモール)ワードでコンテンツを作成したページが上位表示したようです。

3:BERTアップデートに対応する2つのSEO対策

BERTアップデートに対応するためには、2つのSEO対策を実践してください。

  • 今まで以上にユーザーの検索意図を掘り下げる
  • 小学生でも読めるわかりやすい文章にする

2つのSEO対策は、BERTアップデートに対応するためというより”絶対にやるべきSEO対策”の一部です。

普段から、上記2つのSEO対策を実施している方は変わることなく継続してください。

3-1:今まで以上にユーザーの検索意図を掘り下げる

今まで以上にユーザーの検索する意図を掘り下げることでBERTアップデートに対策することができます。

なぜこのキーワードでユーザーは検索したのか?

ユーザーの検索意図を深く理解することができれば、あとは解決するコンテンツを作成すれば良いだけです。

その他には、上位表示しているサイトよりも詳しく丁寧にコンテンツを作成し、興味を惹くタイトルを作ることが評価に繋がります。

3-2:小学生でも読めるわかりやすい文章にする

どんなジャンルにも共通しますが、コンテンツは”小学生でもわかる読みやすいコンテンツにする”ことが大切です。

専門性のある言葉や図説では、せっかく素晴らしい内容でもユーザーが理解できない場合があります。

誰がみても、わかりやすく理解できるコンテンツを作ると評価に繋がります。

まとめ

BERTアップデートについてわかりやすく解説してきました。

私自身、Googleの検索エンジンがここまで進化するとは思ってもなかったです。

Googleは本当にユーザーの利便性を第一に考えている検索エンジンですね。

特に、BERTアップデートに対する新しいSEO対策はありませんが、”ユーザーの検索意図を深く理解する”と”小学生でもわかりやすいコンテンツにする”の2つのSEO対策は忘れずに心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 28

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事