バズログ BUZZLOG

MENU

SEO

キーワードマップを3STEPで簡単作成!作成こそがSEOで勝つポイント

マイク 0

目次

「コンテンツでSEO対策しているのになかなか検索順位が上がらない」
「SEOでどんなキーワードを対策すればいいかわからない」
そんな悩みをお持ちではありませんか?

SEO対策を行う際に、キーワードを整理する作業は非常に重要です。
キーワードを整理するためには、キーワードマップを作成するのがおすすめです。

キーワードマップとは、特定のキーワードと、それに関連するキーワードをつなげて可視化したマップのことです。
キーワードの関係性が分かりやすくなるだけではなく、関連したコンテンツを見つけやすくなる、コンテンツの重複を防げるなど、効果的にSEO対策を行えるようになります。

そこで今回は、以下の内容を解説していきます。

  • SEOに効果的なキーワードマップの作り方
  • キーワードマップを作るメリット
  • SEO対策に活かせるキーワードマップの使い方

この記事を読むことで、キーワードマップを活用して効果的なSEO対策が行えるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

1.SEOに効果的なキーワードマップの作り方3STEP

キーワードマップを作るときは、ツールを使って作成すると簡単に、効果的なキーワードマップを作成することができます。そこで今回は、登録の必要がなく無料で使えるキーワードマップツール「keysearch Beta」を使って、キーワードマップを作る方法を以下の3STEPで解説したいと思います。

STEP1 「keysearch Beta」公式サイトにアクセス
STEP2 検索窓に調べたいワードを入力
STEP3 入力したキーワードの関連語句がマインドマップのように表示される

1つずつ見ていきましょう。

STEP1 「keysearch Beta」公式サイトにアクセス

「keysearch Beta」の公式サイトにアクセスして、検索窓に調べたいワードを入力

まず、「keysearch Beta」の公式サイトにアクセスして、検索窓に調べたいワードを入力します。

STEP2 検索窓に調べたいワードを入力

今回は「ブログ」で検索してみました。

STEP3 入力したキーワードの関連語句がマインドマップのように表示される

入力したキーワードに関連する語句がマインドマップのように3階層まで表示される

すると、入力したキーワードに関連する語句がマインドマップのように3階層まで表示され、キーワードマップを作成することができます。3階層まで関連語句が表示されるため、キーワードの整理だけでなく、ロングテールキーワードの抽出にも役立ちます。

ロングテールキーワードとは、2つ以上の単語で構成される上位表示されやすいキーワードのことで、そのロングテールキーワードで検索エンジン最適化することを「ロングテールSEO」と言います。
ビックキーワードで検索上位するよりも大切なことが「ロングテールSEO」です。

ロングテールSEOを行う方法については、こちらの記事で紹介しています。
参考記事:ロングテールSEOがあなたを救う!最も効果的な5つの実践方法

2.キーワードマップを作る3つのメリット

キーワードマップを作るメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

メリット1 関連性の高いキーワードが一目でわかる
メリット2 コンテンツ作成の助けになる
メリット3 サイトの専門性を高める

それぞれ解説していきます。

メリット1 関連性の高いキーワードが一目でわかる

キーワードマップを作成するメリットで最も明確なのは、キーワード同士の関係性が図として可視化できる点です。
これによりキーワードの追加や整理がしやすく効果的な関連キーワードが変化しても柔軟に対応することができます。

また、コンテンツの重複リスク回避にもつながります。

メリット2 コンテンツ作成の助けになる

キーワードマップでは、キーワード選定をするだけでなく、派生する関連キーワードを組み込んだコンテツ作成をすることができます。それにより、自動的に関連性の高いページを作成することができるため、効果的な内部リンクを形成することができます。

キーワードの中で検索需要が少ないキーワードはロングテールキーワードとして同じページに複数組み込み、検索需要が高いキーワードは別ページとして作成し内部リンクで繋ぐといったようにすれば、より有効的にキーワードマップを活用することができます。

内部リンクとは、自分のWebサイト内のページを行き交うリンクのことで、SEO対策を行う上でとても重要な対策の1つです。
内部リンクについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
参考記事:内部リンクを最適化する2つのメリットと押さえておくべき5つのポイント

メリット3 サイトの専門性を高める

先ほど、見たようにキーワードマップはメインとなるキーワードを中心に、関連する語句をつなげて図案化したものです。
そのため、キーワードマップで出した関連キーワードを多く用いて記事を書くことで、サイトの専門性を高めることができ、SEO対策にも繋がります。

専門性を高めることがなぜSEO対策に繋がるのかについては、こちらの記事で解説しています。
参考記事:E-A-Tとは?専門性と権威性を極め信頼されるコンテンツを作る5つの戦略

3.SEO対策に活かせるキーワードマップの使い方

近年では大手企業もSEO対策に注力しており、中小企業のサイトや個人サイトではビッグキーワードで上位表示を狙うことがより難しくなってきました。

そこで重要なのが、ビッグキーワードの記事だけで勝負するのではなく、関連性の高いキーワードを網羅したサイトを作ることです。関連性の高いキーワードを網羅したサイトを作れば、Googleから専門性の高いサイトだと評価され、上位表示されやすくなります。

関連性の高いキーワードを網羅したサイトを作るには、キーワードマップを活用して、自分のサイトに必要なキーワードを整理しておく必要があります。

こうして特定のテーマに関連する良質なページを増やして、専門知識が豊富なより信頼できるサイトにすることで、キーワードマップを使ったSEO対策に繋がります。

また、近年ではビッグキーワードだけでなく、収益性の高いキーワードでも上位表示を狙うのが難しくなってきています。そのため、競合の少ないロングテールキーワードで上位表示させ、その記事から収益記事(商品ページや申し込みページ)へのアクセス流入を図るのも有効な戦略です。

そのためには、キーワードマップで関連キーワードを整理し、どのキーワードからアクセスを集めるべきか戦略を考えるのも重要です。

まとめ

キーワードの整理は、SEO対策には欠かせない作業の一つです。キーワードマップを作成すれば、サイトの専門性を高めたりキーワードを整理する際に非常に便利です。
本記事で紹介したキーワードマップを作成できるツールを使用すれば、誰でも簡単にキーワードマップを作ることができるので、この記事を参考にキーワードマップを作成してみてはいかがでしょうか。

また、やるべきSEO対策が明確になるので、キーワードマップの活用でSEO対策の成功確率を高め、より安定したWebマーケティング運用につなげていきましょう。

SEO対策では今回紹介したキーワードマップ以外にも、多くのツールを必要とします。そのため、どうしても手間とお金がかかってしまい悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんな悩みを解決してくれるとっておきのSEO対策ツールがあるんです!
その名も「俺のSEO」というコスパ最強オールインワンSEOツールです!

俺のSEO

俺のSEOには、流入キーワード調査、競合サイト調査、被リンク調査といったSEO対策に必要な機能が全て詰まっています。
それでいて、月額8,888円と機能性だけでなく価格設定においても他にはないツールとなっています!

そんな俺のSEOでは7日間の無料トライアル期間が設けられています。
この機会に一度無料で試してみてはいかがでしょうか?

俺のSEOについてもっと詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。
参考記事:鬼コスパ『俺のSEO』で検索上位独占!ツール全容と8つの機能を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 0

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事