バズログ BUZZLOG

MENU

SEO

SEO対策とドメインの関係性について初心者でもわかりやすく解説

フィクサー 5

目次

SEO対策とドメインって関係してるのか?ドメイン次第ではSEO効果を大きく得ることができるなら慎重に選びたいし、選び方を知りたい・・・

結論からお伝えしよう。

ドメインは、SEO対策に一切関係ない。(新規ドメインに限る)

中古ドメインを利用した場合はSEOに大きく影響することはあるが、新規ドメインの場合は99%影響ないと考えて良いだろう。

今回は、SEO対策とドメインの関係性について詳しく解説する。

ぜひ、参考にしてほしい。

1:新規ドメインでSEO対策が有利になることはない

ドメインをこれから取得する場合に、「SEO対策に効果的なドメインを取得したい」と考えている方がいるだろう。

冒頭でもお伝えしたが、SEO対策とドメインは一切関係ないため好きなドメインを取得して問題ない。

SEO対策とは大前提に、ユーザーファーストなサイト良質なコンテンツ共鳴共感されてシェアされる被リンクの3つが最重要なのだ。

ドメインで「com」や「jp」を取得したからと言ってSEOに有利になることはないと断言できる。

もし、SEO対策でドメインを気にしているくらいなら今すぐ良質なコンテンツをユーザーのために作り公開していこう。

2:中古ドメインとSEO対策の関係性

新規ドメインに関してはSEO対策とドメインの関連はないと伝えたが、中古ドメインの場合はその限りではない。

中古ドメインを取得予定なら、SEOと大きく関係してくるためドメインの選び方が重要になる。

その関係性が以下3つだ。

  • ドメインパワー
  • 被リンク数と被リンク元
  • 過去運営していたサイトのジャンル

上記以外にも中古ドメインを選ぶ時のポイントはあるが、今回は最も3つの関係性を重要視して説明しよう。

詳しく中古ドメインの選び方を知りたい方は以下の記事を参考にしてほしい。

関連記事:中古ドメインとは?SEO効果を120%発揮するマル秘テクニック

2-1:ドメインパワーは高い方がよい

ドメインパワーは高ければ高い程にSEO効果は絶大である。

中古ドメインメリット

ビックキーワードで検索1位を獲得するには欠かせないのがドメインパワーだ。そのパワーを最初からもっている中古ドメインを選ぶことで短期間にSEO効果を体感することができる。

2-2:被リンク数と被リンク元は多い方が良い

被リンク数は多く、より良質なサイトからの被リンクが多いと尚SEOに良い。

被リンク数

もう一つ言うなら同じジャンルからの被リンクを獲得していると、その業界において信頼されているサイトだと認識される。

2-3:過去運営してたジャンルが似てる方が良い

過去に運営してたジャンルが似ている中古ドメインを選びと良い。

例えば、中古ドメインを購入してウォーターサーバーの比較サイトを運営するとしよう。その際に以前のサイト(中古ドメイン)が似ているジャンルのサイトだと良いということだ。

中古ドメイン選び方

  • お水を配達するサイト
  • 水について知識を発信するサイト
  • 美味しい水の場所を紹介するサイト

など、関連性の高い中古ドメインだと一層SEO効果を得やすくなる。もし、そんなお宝中古ドメインがあった場合は取得すべきだ。

中古ドメインに関してはSEO対策と関係性が深いことを理解しておこう。

3:ドメイン名を決めるときに役立つ3つのポイント

新規ドメインとSEOは一切関係ないが、ドメイン名は今後ブランディングする上でも大切になるため慎重に決めることをオススメする。

そこでドメイン名を決めるときのポイントを3つお伝えしよう。

  • わかりやすいドメイン名にする
  • キャッチ~なドメイン名にする
  • 3文字~6文字程度のドメイン名にする

上記のポイントは、今後あなたのサイトをユーザーに覚えてもらうときに必要不可欠な要素だ。

3つのポイントを具体的に説明しよう。

また、ドメイン名の決め方をさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてほしい。

関連記事:ドメイン名の決め方の決定版!最善の結果が出る5つのポイント

3-1:わかりやすいドメイン名にする

新規でドメインを取得する際は、わかりやすいドメイン名にしよう。

例えば、ウォーターサーバーの比較サイト用のドメインを取得するなら以下のような名称が良い。

  • mizunohikaku(水の比較)
  • mizuwoerabu(水を選ぶ)

など、水に関連するとわかるようなドメイン名がおすすめだ。

3-2:キャッチ~なドメイン名にする

新規でドメインを取得する際は、キャッチ~なドメイン名にしよう。

例えば、先ほどと同じくウォーターサーバーの比較サイト用のドメインを取得するなら以下のような名称が良い。

  • mizunome-ru(水のめーる)
  • mizususume(水すすめ)

など、キャッチコピー要素を取り入れたドメイン名がおすすめだ。

3-3:3文字~6文字程度のドメイン名にする

新規でドメインを取得する際は、3文字~6文字程度のドメイン名にしよう。

例えば、先ほどと同じくウォーターサーバーの比較サイト用のドメインを取得するなら以下のような名称が良い。

  • uruosu(うるおす)
  • umasui(ウマ水)

など、少ない文字列のドメインの方が覚えやすいやめおすすめだ。

とにかく、わかりやすく、キャッチ~かつ文字列少なめなドメイン名にすることがブランディングにつながることを覚えておこう。

まとめ

SEO対策とドメインの関係性について詳しく解説したが理解できただろうか?もう一度おさらいしておこう。

  • 新規ドメインとSEOは関係しない
  • 中古ドメインとSEOは関係する
  • ドメイン名はわかりやすく、キャッチ~、文字列が少ないほうが良い

以上でしたね。

総括すると、SEO対策にドメインはそこまで関係なく、ユーザーファーストなサイト、良質なコンテンツ、共鳴共感されてシェアされる被リンク獲得が重要なのだ。

あとはユーザーが覚えやすいドメイン名とサイト名を決めてより良いコンテンツを発信していこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 5

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事