バズログ BUZZLOG

MENU

2019-03-14記事制作

【ライティングのコツ5選】すぐ実践できる文章力とスピードUP方法

かまとりーぬ 8

目次
  • ライティングのスピードを上げたい。
  • でも、文章の質は向上させたい。

上記の様にライティングスピードは速くしたいけれど、文章の質は落としたくないとお考えではありませんか?

Webライターは勿論文章の質も求められますが、スピードも重要です。

納期までに質の良いコンテンツを仕上げる必要がありますね。

ライティングを始めたばかりだと、1つのコンテンツを作るのに思ったよりも時間がかかってしまいます。

今回は、ライティングの質を落とさずにスピードを上げるライティングのコツについて詳しく解説していきましょう。効率よく、上質なライティングをする5つのコツを紹介します。

  • )ライティングの目標時間を決める
  • )ユーザーニーズを明確に理解する
  • )アウトラインを考える
  • )本文を書き始める
  • )校正の確認

ライティングのコツについて詳しく解説していきましょう。

1:ライティング目標時間を決める

時計

ライティングスピードを上げる1つ目のコツは時間を決めるです。

1つのコンテンツに対して、時間を設定する事で「時間を意識」してライティングする事が出来ます。焦ってライティングする必要はありませんが、1つのコンテンツにどの位の時間をかけているか把握する事が可能です。

慣れてくると、このジャンルはこの位のペースでライティングできるなと目安を決めるにも時間を意識する事は重要になります。

2:ユーザーニーズを明確に理解する

タブレット

ライティングで最も重要なのはユーザーニーズに応えられているかです。

ユーザーが期待しているニーズに応えられていないコンテンツは最後まで読んでもらう事が出来ません。

ユーザーの気持ちになって、求めている情報を提供しているコンテンツが良質なコンテンツと言えるでしょう。

そんな良質なコンテンツを作るために、まずはキーワードに対して2つのニーズを考えて書き出します。

  • 顕在ニーズユーザー自身が「この情報が知りたい・欲しい」と商品・サービスの必要性をはっきり自覚している事
  • 潜在ニーズ顕在ニーズに隠れた自覚していないニーズ

良質なコンテンツでは、上記2つのニーズを提供する事でユーザーの満足度が向上します。

顕在ニーズと潜在ニーズを具体的に「プロテイン」というキーワードで考えてみましょう。

 顕在ニーズ 筋肉をつけたい・痩せたい
 潜在ニーズ モテたい・綺麗になりたい

Webで「プロテイン」と検索するユーザーの顕在ニーズは、筋肉をつけたい・痩せたいと考えています。

そのニーズの裏側には、モテたい・綺麗になりたいという本人が自覚してない潜在ニーズが隠れているのです。

顕在ニーズと潜在ニーズを理解する事で、ユーザーが求めている情報をしっかり届けて上げる事が出来ます。

3:アウトラインを考える

ペン

キーワードに対して顕在ニーズと潜在ニーズを書き出したら、コンテンツのアウトラインを考えます。

アウトラインとは「あらすじ(見出し)」です。

アウトライン[4]【outline】

①物の外側の線。輪郭。

②あらまし。あらすじ。大要。

引用元:Weblio辞書

本文を書き始める前に、アウトラインを決めておくことはスピードを上げるには最適な方法です。

起承転結にアウトラインを構成しておけば、終わりがわかります。

文章構成もすでに決まっているので、コンテンツ内容も脱線する事なく書き終える事が可能です。

ずらずらと長い時間をかけてライティングしても、良いコンテンツは作成出来ません。

読みやすいとユーザーに思わせる文章構成で、コンテンツを作成しましょう。

読みやすいと思わせるアウトラインは以下の流れで作成します。

  • 序論(問題点と解決する為の結論)
  • 本論(理由・実証・エピソード)
  • 結論(まとめ)

私は必ずアウトラインを作成してから、ライティングし始めます。

構成が決まっているので、効率よくライティングに集中する事が出来るのです。

4:本文を書き始める

PC

アウトラインが決まったら、いよいよ本文を書き始めます。

アウトラインを作成した時点で、ライティングする内容は頭に入っているはずです。

一気にライティングしてしまいましょう。

ここで良いコンテンツを作る3つのコツを紹介します。

  • 結論は冒頭部分に記載する
  • 理由をきちんと説明する
  • 数字をなるべく使う

上記3つの読んでもらいやすくする、良質なコンテンツを作るコツについて詳しく解説しましょう。

4-1:結論は冒頭部分に記載する

コンテンツを作成する上で、有効なSEOテクニックがあります。

それは結論を冒頭部分に記載する方法です。

結論を冒頭に書く理由は簡単です。

「ユーザーは文章をなるべく読みたくないから」

文章を最後まで読まないと結論が分からないコンテンツは、最後まで読んでもらえる可能性が低いです。

ユーザーが探している情報を、最初に提供する事で関心を寄せる事が出来ます。

Googleの検索エンジンも、ユーザー満足度を検索順位に反映させます。

★ 探している情報をいち早く知る事が出来る+ユーザー満足度の向上=検索上位表示に成功する

上記の理由から、結論は冒頭部分に書く様にしましょう。

4-2:理由をきちんと説明する

良いコンテンツを作る上で、理由をきちんと説明する事も大切です。

いくら関心を集めて主張しても、理由が的確に記述されていなければ信頼できないコンテンツとなってしまいます。この主張は〇〇が理由だから…という様に、具体的な理由を必ず書く様にしましょう。

せっかく作ったコンテンツも理由がなければ、嘘なのかな?と疑いを持たせてしまいます。

4-3:数字をなるべく使う

コンテンツの中で数字を使う様にすると効果的です。

数字を使う事で、ユーザーに具体的で説得力のあるコンテンツと感じてもらう事が出来ます。

タイトルで例を出してみます。

  • × 数字を使わないタイトル:「すぐに痩せられるダイエットと効果的な運動」
  • 数字を使ったタイトル:「3週間で痩せるダイエット法と効果を促進させる5つの運動」

数字を使ったタイトルの方が、具体的でクリックしたいと感じるはずです。

コンテンツの見出しやタイトルに数字をなるべく使う様にしましょう。

5:校正の確認

会議 ミーティング

一気にライティングし終えたら、校正の確認をしましょう。

まずは客観的に文章を読み直し、おかしな点や矛盾している部分が無いか確認します。

言葉遣いや言い回し、漢字等に間違いが無いか確認しましょう。

一通り確認したら、自分以外の第三者とダブルチェックを行います。

  • 事実と矛盾している内容では無いか
  • 日本語に誤りはないか
  • 言葉遣いはおかしくないか

自分では気づかない部分を第三者と確認する事で、新たに気づく事があります。

必ずコンテンツをアップする前に、第三者と内容の確認を行いましょう。

まとめ

「ライティングのコツ」について詳しく解説してきました。

ライティングスピードを上げつつ、コンテンツの質も上げる事は可能です。

本文を書き始める前に、ニーズを理解してアウトラインを作成してから書き始めるとスピードも速くなり良質なコンテンツを作成する事が出来ます。

また良質なコンテンツを作成する3つのコツも意識してライティングしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 8

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次
    ページ上部へ