バズログ BUZZLOG

MENU

2019-07-19記事制作

究極!記事制作代行サービスを利用する5つの利点とオススメ業者5選

かまとりーぬ 5

目次

記事制作の代行って良いの?使う利点は?

上記の様にお考えではありませんか?

自社のメディアサイトでコンテンツマーケティングや、コンテンツSEOなどを行っている場合、数名の従業員だけでコンテンツを定期的にアップしていくのは難しいことです。

記事制作代行サービスを活用することで、継続的にコンテンツをアップさせることができ、低コストでメディアサイトを運営していくことが出来ます。

今回は記事制作代行サービスのメリットや、代行業者を選ぶポイントなど詳しく解説していきましょう。

1:記事制作代行を使う5つの利点

記事制作を外部に任せて大丈夫かな?

今まで代行サービスを利用した事が無い場合には、上記の様に感じることでしょう。

しかし記事制作代行サービスを利用することで、5つの利点があります。

メディアサイトを運営していく上で、一つの手段として覚えておくと上手く活用することが可能です。

  • 低コスト
  • 短期間でコンテンツを増やせる
  • 専門スキルを活かした制作ができる
  • 従業員は自分の強みに専念できる
  • 記事のクオリティ維持ができる

上記5つの利点について詳しく解説していきましょう。

1-1:低コスト

記事制作代行サービスは、比較的低コストで利用する事が可能です。

代行サービスの種類や、担当する人、制作分類によりコストは変動しますが、1記事あたり1,600円~10,000円前後で3,000文字前後の記事を作成してもらうことが出来ます。

価格相場については、後ほど詳しく紹介していきましょう。

1-2:短期間でコンテンツを増やせる

記事代行サービスの利点として、短期間でコンテンツを大量に増やすことが出来る点を挙げられます。

クラウドソーシングなどのサービスは、不特定多数のライターへ記事制作を大量に依頼することが可能です。
多数のライターへ同時に記事制作を依頼すれば、短期間でコンテンツを大量に増やすことが出来ます。

メディアサイトの公開前や、コンテンツ数を安く大量に増やしたいという場合には記事制作代行サービスを利用すると良いでしょう。

1-3:専門スキルを活かした制作ができる

記事制作代行サービスを利用することで、そのたびに必要な専門スキルを持ったライターへ記事制作を依頼することが出来ます。

メディアサイトを運営していく上で、そのたびに必要な専門スキルを有した人材を確保することは非常に難しく人件費などのコストもかかるでしょう。クラウドソーシングなどで、専門スキルを持った人材へ記事制作を依頼することで専門スキルを使った記事制作を簡単に依頼することが可能です。

1-4:従業員は自分の強みに専念できる

記事制作を代行サービスに依頼することで、従業員が自分の強みに専念することが出来ます。

メディアサイトを、コンテンツマーケティングの一環で運営している大半の会社は、本来ライティングの専門ではない従業員が仕事の合間にコンテンツを作成することが多いでしょう。

しかし、その方法は効率が悪く従業員の負担になっていはいませんか?

記事制作を代行サービスに依頼することで、従業員は本来の強みに特化し専念することが可能です。

1-5:記事のクオリティ維持ができる

記事制作代行サービスに、記事制作を依頼することで一定のクオリティを維持したまま継続的にコンテンツをアップすることが出来ます。

専門的な内容の記事やメディアサイトの場合、自社スタッフだけで継続的に一定のクオリティを保ったままコンテンツを更新していくことは困難です。継続的にクオリティを維持したままコンテンツをアップしていきたいと、考えているのであれば記事制作代行サービスを利用するのも一つの手段になります。

2:代行サービスを選ぶ3つのポイント

記事制作を代行サービスなどに依頼する場合、依頼先を失敗すると納期が遅れたり逆にコストが増える恐れがあります。

自分たちが希望するニーズにマッチしているか、必ず確認する必要があるのです。

記事制作代行サービスに依頼する上で、代行業者を選ぶ3つのポイントについて紹介します。

  • SEOスキルの確認
  • 実績を確認
  • 得意分野・専門分野の確認

上記3つの確認ポイントについて詳しく解説していきましょう。

関連記事:記事制作のライティングを外注する時に注意する4つのポイント

2-1:SEOスキルの確認

SEOを意識して、検索上位表示されるメディアサイトにしていきたい・・・。

メディアサイトを運営する者は、上記の様に考えるでしょう。

記事制作を代行サービスに依頼する場合、SEOスキルを有しているかを確認する必要があります。
記事を作成する上で、検索上位表示を狙うのであればSEOを意識した記事構成が大切です。

依頼する記事制作代行サービスは、SEOを前提とした記事の作成が可能かどうか必ず確認する様にしましょう。また、特に注意したいのは仲介業者である場合です。

「SEOに特化した記事を作成します!」というように宣伝をしている記事制作代行サービスでも、実は書いてる人間は仲介業者を通した全くの素人である可能性があります。

誰が担当してくれるのか、担当ライターはSEOスキルがあるのか必ず確認をしましょう。

2-2:実績を確認

記事制作を記事制作代行サービスに依頼する場合、必ず実績を確認する必要があります。

いくらSEOスキルがあると、上手な営業トークがあっても制作実績が無ければ話にならないのです。自社メディアサイトに合うスキルがあるか、ライティングのテイストはメディアサイトに合うかなどを確認します。

必ず依頼する前に、自社メディアサイトに似たジャンルの制作実績を送ってもらうようにしましょう。
もしくはテストライティング等をさせて、スキルをテストしてみるのがオススメです。

2-3:得意分野・専門分野の確認

記事制作の代行をお願いする場合、代行業者に得意分野や専門分野があるかどうか確認する必要があります。

どんなに実績のある代行業者でも、自社メディアサイトのニーズに合うかが大切です。
専門知識を有する内容の記事の場合、それなりの知識がないと記事の内容に説得力が欠けてしまいます。

得意分野、専門分野を確認して、相応の知識のある記事制作代行サービスなのかを確認しましょう。

3:おすすめ記事制作代行サービス5選

記事制作を代行サービスに依頼したいけれど、どの業者を選べば良いか分からない。

上記の様に記事制作代行サービスをお探しではありませんか?

記事制作代行サービスは、自社が求めるクオリティや予算によって依頼する先が変わってきます。
どんな記事を求めているのかによって、選んでみて下さい。

また、記事制作代行サービスには大きく分けて2つの種類があります。

  • (1)クラウドソーシング型
  • (2)ライティング専門業者型

代行サービス 種類

短期間で大量にコストを抑えて記事を制作してほしいなら、クラウドソーシング。
SEO知識や、専門的で質の高い記事制作ならライティング型専門業者へ依頼すると良いでしょう。

2つの種類ごとにオススメな記事制作代行サービスを5つ紹介します。

  • 【クラウドソーシング型】サグーワークス
  • 【クラウドソーシング型】Shinobiライティング
  • 【クラウドソーシング型】ランサーズ
  • 【ライティング専門業者型】Buildup
  • 【ライティング専門業者型】記事作成ドットコム

さっそく詳しく紹介していきます。

3-1:【クラウドソーシング型】サグーワークス

サグーワークス

サグーワークスは、国内最大級の記事作成サービスを提供しています。

様々な発注ニーズに応えることができ、面倒なライター獲得・アサイン・発注・納期管理などは全てサグーワークス側が管理してくれるのです。

20万人を超える所属ライターの中から、希望するライターランクや費用などを選んで依頼することが出来ます。サグーワークスでは2つのプランがあり、希望する状況に応じて記事制作を依頼することが可能です。

  • オーダーメイドプラン:キーワード選定から専属ディレクターと相談し発注
  • オンライン発注プラン:発注から納品までオンライン上で完了

欲しい記事の内容が決まっていればオンライン発注プランで、インターネットから簡単に発注から納品までが完了します。オーダーメイドプランは、専属のディレクターと相談しながらキーワード選定から始めるプランです。

料金は、厳しい承認基準が設けられているライターのレベル別に指定することが出来ます。

希望のレベルと予算を考慮し、参考にしてみて下さい。

サグーワークス 料金

サグーワークス公式サイト

3-2:【クラウドソーシング型】Shinobiライティング

Shinobiライティング

Shinobiライティングは、ライティングに特化した記事制作専門のクラウドソーシングサービスです。

急いで記事を作成してほしい場合にオススメで、100記事なら最短3日で納品まで完了します。
1文字1円(※1)と料金が固定されており、低コストで大量に記事制作を依頼することが可能です。

低価格で細かいニーズにも対応、急ぎで大量の記事を依頼したい場合にはShinobiライティングを利用すると良いでしょう。(※1)発注金額が5,000円未満の場合は、別途160円の手数料がかかります。

Shinobiライティング公式サイト

3-3:【クラウドソーシング型】ランサーズ

ランサーズ

ランサーズは、日本最大規模の老舗クラウドソーシングです。

24時間いつでも好きな時に記事制作を依頼することができ、急ぎの依頼にも対応することが出来ます。

無料で登録・利用することができ、記事以外にもWebサイト制作・システム開発などの依頼も可能です。

料金について紹介しましょう。
料金は、依頼する記事の内容によって変動します。

  • 記事作成、体験談、ブログ記事:0.5円~5.0円/1文字
  • 取材、インタビュー記事:2.0円~5.0円/1文字

ランサーズ公式サイト

3-4:【ライティング専門業者型】Buildup

Buildup

Buildupは、SEOコンサルティング会社が運営するライティングの専門代行業者です。

コンテンツSEOを前提とした質の高い記事の作成を得意とし、ユーザーニーズやGoogleの評価を考慮したキーワード戦略が強みになります。

記事制作前のヒアリングから、構成・ライティング・校正・コピペチェックまで全てBuildupが対応してくれるのです。また、ライター経験の豊富な編集者が品質維持をしてくれるので、質の高い記事制作を納品してもらうことが出来ます。

料金について紹介しましょう。
料金は1文字7円~で、1,000文字から依頼することが可能です。
また、記事制作は1本からでも利用する事ができます。

少ない記事本数でも、質の高い記事制作を依頼したい場合にはBuildupがオススメです。

Buildup公式サイト

3-5:【ライティング専門業者型】記事作成ドットコム

記事作成ドットコム

記事作成ドットコムは、プロライターが在籍する記事代行サービスです。

様々なジャンルに対応しており、中でもアフィリエイト記事の制作に強くなっています。大量の記事制作も可能です。また、プロライターが在籍しているため大量発注でも記事の品質を保つことが出来ます。

料金について紹介していきましょう。
料金は記事の内容により変動します。

  • オウンドメディアの記事作成:要相談
  • SEO対策用コラム全般:1文字2~5円
  • 専門性のある分野:1文字5~8円
  • 個人ブログ代筆:1文字10円
  • セールスレター:10万円
  • メルマガ・ステップメール:相談後お見積り

記事作成ドットコムは、女性ライターも多数所属しているので女性向けの記事制作を依頼したい場合にもオススメです。

記事作成ドットコム

4:記事制作代行の相場は?3つのタイプ別に紹介

記事制作代行の相場っていくらぐらい?

上記の様に、相場が知りたいとお考えですよね。
何かを契約するとき、そのサービスの相場は絶対に把握しておく必要があります。

記事制作代行の相場は、3つの記事内容によって変動します。

  • ①ブログ記事
  • ②コラム記事
  • ③取材記事

基本的には、上記3つの記事内容により費用は変動します。
ただし、執筆内容やライターのレベルによって相場は様々です。
基本的な費用相場として、参考にしてみてください。

4-1:ブログ記事の相場

ブログ記事の代行は、3つの中でも最も安い金額になります。

アフィリエイトサイトやブログ記事に載せる記事の場合、相場は1文字0.8円~5円ほどです。
中でも調べずに書ける体験談などは、1文字1円を下回ることがあります。

4-2:コラム記事の相場

記事制作代行サービスで、2番目に安いのがコラム記事です。

コラム記事には、Webメディアサイト等のテーマに沿ったグルメやファッション・ビジネスなど様々なジャンルがありますが相場は1文字0.8円~5円ほどです。インターネットで調査する必要があるので、ブログ記事の制作よりは少し高めに設定されることが多くなっています。

4-3:取材記事の相場

記事制作代行サービスで最も費用がかかるのが、取材記事です。

取材やインタビューの記事は、ライティングスキル以外にも撮影スキルや取材スキル有します。
専門的なスキルが必要になるので、相場も1記事15,000円~50,000円ほどが一般的です。

ただし、この取材記事に関しては交通費などライティング以外の費用も含まれているので技術に応じて価格を設定すると良いでしょう。

まとめ

記事制作代行サービスについて詳しく解説してきました。

メディアサイトの記事制作を自社スタッフだけで行っていくのは、時間と労力がかかり非常に大変です。もっと記事数を増やしたいのに人手が足りない、専門的な知識がないという場合には記事制作代行サービスを利用するのも一つの手段です。

比較的低コストで代行サービスを利用する事ができ、時間も短縮することが出来ます。

ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 5

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事

    ページ上部へ