バズログ BUZZLOG

MENU

2019-03-04記事制作

絶対に失敗しない!外注ライターに依頼する時の流れと3つのポイント

かまとりーぬ 4

目次

ライターに記事の制作を依頼したいけれど、方法が分からないな…。

もしくは以前ライターに記事制作を依頼した所失敗した〜なんて経験はありませんか?

記事制作を依頼して失敗しない様にする注意ポイントは2つです。

  • ライターへ記事制作を依頼するまでの流れ
  • ライターへ必ず伝えるべきポイント

上記2つのポイントに注意しながら依頼をすれば、外注のライターへ記事制作を依頼しても「失敗した〜」となる事はまずありません。

今回はライターへ記事制作を依頼する際に、意識してほしい2つのポイントについて詳しく解説していきます。

ライターへ記事制作を依頼したいとお考えの場合には、ぜひ参考にしてみて下さい。

1:【基本だけど大切!】ライターを依頼するまでの3つの流れ

ライターに記事の制作を依頼したいけれど、方法が分からない…。

上記の様にお困りの場合には、ぜひ以下の流れを参考にして下さい。

記事を依頼して失敗しない為にも、依頼までの流れが重要です。

  • ① どんな記事を作ってほしいのか明確にする
  • ② 適切なライターを探す
  • ③ ライターとコミュニケーションを取る

上記3つの手順と共に、記事依頼の流れについて詳しく解説していきます。

1-1:どんな記事を作ってほしいか明確にする

記事制作の依頼をする前に、まず行っておく事は記事のイメージを決めておく事です。

完成した際の記事イメージを決めておく事で思ってたの違う…。なんて事態を防ぐ事が出来ます。

具体的な記事イメージの内容について紹介しておきましょう。

  • どんな記事の種類にする?(コラム・エッセイ・リサーチ・インタビュー記事等)
  • 記事の質は?(高クオリティ・平易で量を増やしたい等)
  • ターゲット層は?(年齢・性別・職業等)
  • ネクトアクション(掲載目的)はどうなって欲しい?(購買意欲を高める等)
  • ユーザーにどんな印象を与えたい?(真面目・親やすい等)

掲載先に見合った記事の書き方を事前に決めておかなければ、いざ記事が完成した際にイメージのズレが生じてしまいます。記事の制作依頼をする前に、あらかじめ記事のイメージを明確にしておきましょう。

1-2:適切なライターを探す

満足のゆく記事を書いてもらう為にも、記事イメージに合った適切なライターへ依頼する事が重要です。

ライターは機械ではありません。人それぞれ得意なジャンルや書き方が異なるのです。

事前に決めた記事イメージに合うライターを探して依頼する必要があります。

依頼する前に、過去に執筆した記事・ポートフォリオ等を確認してイメージに沿った記事を書く事ができる人材か確認しましょう。

1-3:ライターとコミュニケーションを取る

記事を依頼するイメージにあったライターを見つけたら、ライターとコンタクトを取りましょう。

  • ① 依頼内容の詳細
  • ② ギャラ(原稿料金)
  • ③ 作業ボリュームとスケジュール調整

事前に決めて置いた記事イメージと企業説明をライターに伝えます。

ここでいかにコミュニケーションを取るかで良い記事を作る事が出来るか決まるでしょう。

すでに構成や具体的な記事内容も決まっている場合には、伝えておきます。

またギャラ(原稿料金)についても事前に伝え忘れない様にしましょう。

最後に作業ボリューム、どれくらいの文字数でどこに掲載するのかと納品までのスケジュールを調整します。

納品までの全ての事を事前に話し合う事で、ライターとの間でトラブルが発生する事を防ぐ事が可能です。

また良い記事を制作する事にも繋がるのでコミュニケーションは重要な工程になります。

2:記事制作前にライターへ伝えるべき3つのポイント

ライターへ記事制作を依頼したら書き始める前に「どんなジャンルのメディア(掲載先)」なのかという事をきちんと伝えるべきです。ただ掲載先のメディアを紹介して終わり!ではなく、3つの事を伝えておきましょう。

そうする事で、ライターもどの様に記事を書けば良いかイメージが湧きます。

【書き始める前に伝えるべき3つの事】

  • ① メディアの方向性(タグライン)
  • ② ターゲット層(ペルソナ)
  • ③ トーン&マナーとルール

クライアント情報を伝えた上で、上記3つの事についても事前に伝えておきましょう。

詳しく解説していきます。

2-1:① メディアの方向性(タグライン)

ライターに記事を書いてもらう際にタグラインメディアの方向性を伝える事は重要です。

タグラインとは簡単に言うと、その企業やメディアの方向性になります。

キャッチフレーズやスローガンがあれば、伝える事でメディアのイメージに合った記事を書く事が可能です。

2-2:② ターゲット層(ペルソナ)

掲載先で誰向けに読んでもらうかも重要です。

ターゲットの年齢・性別・職業等を明確に分析して、伝える事でターゲットユーザー向けの記事を書いてもらう事が出来ます。ターゲットが外れた記事を書いても読んでもらう事は出来ないので、重要なポイントです。

2-3:③ トーン&マナーとルール

メディアにはそれぞれ、トーン&マナーやルールといいうものがあります。

軽い感じで親やすい文章構成で記事を書くのか、それともビジネス向けの真面目な雰囲気で文章を構成するのか、メディア側に合った書き方をする必要があるのです。

その他にもメディア内のルールも記事を書く上で大切です。

文字数はどの位なのか、デスマス調で書くのか、ルールを事前に伝えてあげましょう。

3:記事制作にかかる料金相場!3つのコンテンツ毎に比較

記事の制作を外注で依頼したいな…。

そんな時に気になるのはライターのギャラ(料金)の相場ですよね。

ライターのスキルやコンテンツ内容により異なるので、一概に「この料金!」という相場は言い切れません。

料金の相場は紙媒体の掲載するのか、WEBメディアに掲載するのかでも大きく異なってきます。

今回はWEBメディアに掲載する記事の制作を依頼した場合の相場について詳しく解説していきますが、その前に紙媒体との違いについて相場を比べてみましょう。

  • 紙媒体の料金相場:¥10,000〜¥20,000
  • WEBメディアの料金相場:¥1,500〜¥30,000

WEBメディアは低価格から依頼する事が出来ますが、紙媒体は大体ページ単価で¥10,000〜¥20,000が相場になります。WEBメディアはどの様に相場が分かれているのか3つのコンテンツ毎に紹介していきましょう。

  • 「取材記事」¥15,000〜¥50,000
  • 「ブログ記事」¥1,500〜¥15,000
  • 「コラム記事」¥2,000〜¥10,000

最も料金相場が高いのは「取材記事」です。執筆内容以外の要素が多く高めの料金となっています。

3つのコンテンツ毎に詳しく料金相場について紹介していきましょう。

3-1:取材記事の料金相場

取材記事の料金相場を紹介します。

  • 3000文字•••¥20,000〜

取材記事は3つのコンテンツの中でも1番料金が高いです。

その理由は、執筆以外の経費や要素が多いからになります。

取材記事を制作する際には、撮影スキル等の専門知識や取材による拘束時間の発生・交通費等の経費がかかるのです。その為、他コンテンツの相場よりも高くなっています。

3-2:ブログ記事の料金相場

ブログ記事の料金相場を紹介しましょう。

  • サイト内ブログ 3000文字•••¥15,000〜
  • アフィリエイトサイト 3000文字•••¥2,400〜

ブログ記事の内容にもよりますが、専門知識が無くても書ける様な内容の場合であれば1文字1円以下で依頼できる可能性があります。反対に、政治や介護・医療等の専門知識や資格が必要な場合にはブログ記事でも高単価になる可能性が高いです。

3-3:コラム記事の料金相場

コラム記事の料金相場を紹介します。

  • 3000文字•••¥2,000〜

インターネット上には様々なコラム記事が掲載されていますよね。

ファッションやライフスタイル、ビジネス向けコラム記事等がありますが、平均的には低価格から依頼が可能です。内容やスキルにより変動します。

4:低価格で良い人材を探すなら!クラウドソーシングがオススメ

クラウドワークス

ライターに記事制作を依頼したいけれど、どうやってライターを探せばいいの?

ライターを探す方法は主に2つあります。

  • WEBサイトで探す
  • 紙媒体で探す

オススメはWEBサイトで探す方法ですが、中でもクラウドソーシングを利用してライターを探す方法がオススメです。素早くライターを見つける事が出来て低価格から依頼する事が出来ます。

クラウドソーシング(英語: crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。 このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。

(引用元:Wikipedia)

特に低価格に抑えつつ、質よりもコンテンツの量を増やしたいと考えている場合にはオススメです。クラウドソーシングのサービスを提供している3つのサイトを紹介します。

ぜひ検討してみてください。

まとめ

記事制作を外注のライターへ依頼する方法について詳しく解説してきました。

ライターへ記事を依頼する場合には、今回お伝えしてきた依頼までの3つの流れに注意しながら進めていきましょう。また「イメージと全く違う」なんて事態にならない様に、事前にライター側へ伝えるべき3つの事を伝えて下さい。

以上のことを意識してライターへ記事制作の依頼をしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 4

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事

    ページ上部へ