バズログ BUZZLOG

MENU

2019-03-06ソーシャルメディア

目的別で選べ!Facebook広告6種類の使い分けテクニック

土肥大夢 3

目次

Facebook広告は6種類。

では、どれを使うのが一番効果が出るのか…

それはFacebook広告を使う目的によって利用すべき広告は異なります。

  • 商品を宣伝したい
  • Webサイトを宣伝したい
  • Facebookページを宣伝したい

例えば上3つでは利用すべき広告がそれぞれ違います。簡単に言えば、ターゲットが違うので、宣伝方法を変える必要があるのです。

Facebook広告ならどれでもいいとは思わず、宣伝したい目的、広告として出すコンテンツや商品がひっかかりそうなターゲットを細かく絞って選ぶことが必要になります。

もし、広告の種類を誤れば効果に大きな差が生まれるでしょう。

そこで今回はFacebook広告全6種類について詳しく紹介していきます。どのような目的の宣伝に使うべきかという基本から、使い方まで詳細まで徹底解説します。

1:Facebookの投稿を宣伝

Facebook広告①

<相性ぴったりの方>

  • Webサイトのコンテンツを広めたい方
  • 自社製品を広めたい方
  • WebサイトのPV数を伸ばしたい方

Facebookに投稿した内容を宣伝することができるFacebook広告です。

主に、運営するWebサイトの記事や商品を紹介している投稿に使うFacebook広告になります。

低コストで幅広いターゲットへリーチしてくれるので、投稿をフォロワーだけでなくもっと多くのユーザーへ露出することが可能です。

リーチした方の興味を引く内容だったら、WebサイトのPVアップや集客に効果抜群の広告になります。

1-1:広告の出し方

①Facebookページへログイン→”create Ad”を選択

1-1

②”投稿を宣伝しよう”を選択

1-2

③広告として出稿する投稿を決めて”投稿を宣伝”を選択

1-3

④ターゲットを絞る

1-4

⑤予算と掲載期間を決める

1-5

⑥広告料金の支払い方法を選択

1-6

⑦”宣伝”を選択して広告出稿完了

1-7

2:商品の宣伝

Facebook広告②

<相性ぴったりの方>

  • ECサイト運営をしている方
  • 自社製品の宣伝
  • 個人で運営しているショップでの商品の宣伝

商品の宣伝に一番向いているFacebook広告です。

新商品の情報やおすすめ商品の宣伝に使いことに一番適しているFacebook広告になります。

このFacebook広告もまた低コストで利用することが出来るので、ユーザーが食いつきそうなアイディア商品などはとても大きな効果が期待できるでしょう。

2-1:広告の出し方

①Facebookページへログイン→”create Ad”を選択

1-1

②”ウェブサイトでの購入を増やす”を選択

2-2

③Facebookピクセルを準備する

FacebookピクセルはWebサイトに実際に訪れた人のアクションを追跡、解析し、Facebook広告の効果をより高めることができるものです。

2-3

プラットフォームを選択

※4nema.comはWordPressを利用しているので、WordPressを選択しています。

2-4

.zipファイルをダウンロード

2-5

 

<WordPressでの設定箇所>
WordPressアカウントへログイン→”プラグイン”を選択→”プラグインをアップロード”を選択→「Facebook-pixel-for-wordpress-pixel-2353575658206604.zip」をアップロード→”プラグインを有効化”

④「アクティブ」の変わったことを確認したら”設定で完了”を選択

2-4

⑤Webサイトとアカウント欄を入力したら”次へ”を選択

2-7

⑥リーチするオーディエンスを細かく設定し”次へ”を選択

2-8

⑦広告の詳細情報を入力、確認をしたら”次へ”を選択

2-9

⑧予算と掲載期間を決めて”Create Ad”を選択で出稿完了

2-10

3:Facebookページを宣伝

Facebook広告③

<相性ぴったりの方>

  • Facebookアカウントを広めたい方
  • フォロワー数を増やしたい方
  • 会社の名前を広めたい方

名前の通り、Facebookページ(アカウント)を宣伝したい方向きのFacebook広告になります。

  • 「会社を設立しました!」
  • 「会社のホームページがリニューアルしました!」
  • 「新事業をはじめました!」

特にこのような目的で利用すると効果が出やすい広告です。

3-1:広告の出し方

①Facebookページへログイン→”create Ad”を選択

3-1

②”Facebookページを宣伝”を選択

3-2

③”同意します”を選択

3-3

④広告で表示される画像とテキストを設定

3-4

⑤ターゲット、コスト、掲載期間を設定

3-5

⑥最後に広告の内容を確認し”Create Ad”を選択で出稿完了

3-6

4:近くにいる人へビジネスを宣伝

Facebook広告④

<相性ぴったりの方>

  • 近隣向けのサービスを運営している方
  • 会社近隣の方に企業情報を広めたい方

飲食店のような近隣の方達をターゲットとするお店や企業におすすめのFacebook広告です。

  • 「ランチをはじめました!」
  • 「今月は大盛り無料!」
  • 「新作春物入荷しました!

このようなお得なキャンペーン情報などを広めるにはもってこいの宣伝方法です!

店先でチラシを配るより、より多くの近隣の方へ情報を宣伝することが出来ます。自動で近隣のFacebookユーザーへ宣伝してくれるので楽して、効果を出すことが可能です。

4-1:広告の出し方

①Facebookページへログイン→”create Ad”を選択

4-1

②”近隣エリアにビジネスをアピール”を選択

4-2

③ターゲットと近隣エリアの範囲を設定

4-3

④広告の内容を設定

見出しはついつい目が止まるようなキャッチコピーを付けるとより効果が出ます。

参考記事:つい目が止まるキャッチコピーの特徴5つと真似したいテクニック

4-4

⑤予算と掲載期間を設定

4-5

⑥最後に内容を確認して”Create Ad”を選択で出稿完了

4-6

5:PVを増やす為に運営するWebサイトを宣伝

Facebook広告⑤

<相性ぴったりの方>

  • とりあえずPV数を伸ばしたいWebサイト運営者の方

WebサイトのPV数をとりあえず伸ばして、存在をアピールしたい方はこのFacebook広告を使いましょう。

アクセス数が伸びれば集客へも繋がる可能性が期待できます。Webサイトを公開したばかりのPVが0に近い時や、PV数が伸び悩んでいるWebサイトは一発Facebook広告に頼るのもありですね!

Facebook広告でリーチしたユーザーがWebサイトを気に入れば、そこから広めてくれることもあります。

①Facebookページへログイン→”create Ad”を選択

5-1

②”ウェブサイトへのアクセスを増やそう”を選択

5-2

③見出し、テキスト部分を設定

5-3

④ターゲットを設定

5-4

⑤予算と掲載期間を設定

5-5

⑥最後に内容を確認したら”Create Ad”を選択で出稿完了

5-6

6:Webサイトのファン(リード)を増やす為に宣伝

Facebook広告⑥

<相性ぴったりの方>

  • メルマガ登録者数増やしたい方
  • 興味ありユーザーを獲得したい方
  • WebサイトのPV数を伸ばしたい方

Webサイトのメルマガ登録や資料請求をさせるための広告がリード広告になります。

Facebookのリード広告の特徴は、広告からたったの2タップでメルマガ登録や資料請求を行えることです。メルマガ登録や資料請求をしたユーザーは提供しているサービスに興味津々であることは間違いありません。

この方達へアプローチをすることで集客へ繋げることができます。

6-1:広告の出し方

①Facebookページへログイン→”create Ad”を選択

6-1

②”リード広告”を獲得する”を選択

6-2

③フォーム情報を設定し”フォームを保存”を選択

6-3

まとめ

Facebook広告は6種類ありました。

この中でどれがおすすめということはなく、Facebook広告を利用する目的とターゲットによって使い方を分けるというのがポイントです!

低コストで広告が出稿できて、利用者の多いFacebookユーザーを捕まえることができるFacebook広告はうまく活用すれば大きな武器になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 3

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次
    ページ上部へ