バズログ BUZZLOG

MENU

2019-04-29SEO

Googleアルゴリズムって何?検索順位が下がる2つの特徴と3つの対策

かまとりーぬ 11

目次

Googleアルゴリズムがアップデートされたらしいけれど、そんなに重要な事なの?

検索エンジンで上位表示を獲得するためには、Googleアルゴリズムについて注目する必要があります

つい最近もコアアルゴリズムアップデートが実施され広範囲で検索順位が大きく変動している状況です。

そんなGoogleアルゴリズムについて紹介した後、2019年3月に実施されたコアアルゴリズムアップデートの特徴について詳しく解説していきます。

最近順位が下がってるな…と感じている場合には、ぜひ本記事を読み参考にしてみてください。

1:Googleアルゴリズムとは?上位表示させるために知っておく事

Googleアルゴリズムとは検索エンジンアルゴリズムの事を指します。

かんたんに言うと、Googleが検索キーワードに対して決定づける検索順位を決めるためのルールの事です。

検索ユーザーに対して良質なコンテンツを届けるために、Googleは年間500回以上アルゴリズムのアップデートを行っているといわれています。

Google・Yahooで上位表示を狙うには、このGoogleアルゴリズムのアップデートの動向を常に注目する必要があるのです。Googleアルゴリズムは、公表されるものと公表されていないものがあり実施されたすべてのアップデートを把握する事は出来ません。

しかしアップデート直後、大幅に順位下落してしまう事を防ぐためにも公表されているアップデートに対して対策・改善を行う事が必要です。

Googleアルゴリズムのアップデートに注目する事が、検索エンジンで上位表示させる重要な事だという事を覚えておきましょう。

2:コアアルゴリズムアップデートとは?順位下落する2つの特徴

2019年3月12日に実施されたコアアルゴリズムアップデートについて、すでにご存じですか?

コアアルゴリズムアップデートとは、Googleが検索アルゴリズムの基盤となる部分を大きく見直して更新をする事を言います。コアアルゴリズムアップデートは年に数回実施されるもので、昨年2018年は3/2・4/18・8/1に実施されており今回のアップデートも同様の大規模な内容です。

このアップデートにより、検索順位が大きく変動しています。

結論から言うと、このアップデートにより検索キーワードと関連性の高いコンテンツの検索順位が上がり、関連性の低いページの順位が下落したのです。では、順位が下落する2つの特徴について紹介していきます。

  • 検索キーワードと関連性の低いコンテンツ
  • 内容の薄いコンテンツ

2-1:検索キーワードと関連性の低いコンテンツ

コアアルゴリズムアップデートによって検索キーワードとの関連性が低いコンテンツは検索順位が下落している傾向にあります。

Googleはユーザーの満足度を第一に考えているので、検索キーワードと全く違う内容のコンテンツは上位表示させないようにアルゴリズムがアップデートされているのです。

例えば「カフェ 中目黒」で検索した時に、東京駅の居酒屋が検索結果で出てきてしまう様なイメージになります。検索キーワードとの関連性の低いコンテンツは検索順位が大幅に下落する結果となったのです。

2-2:内容の薄いコンテンツ

内容の薄いコンテンツは、検索ユーザーにとって価値の無い存在です。

キーワードに対して網羅するほど濃い内容のコンテンツの方が、検索ユーザーの満足度を高めることが出来ます。検索順位を上げるために量産して書いた様な、内容の薄いコンテンツは今回のコアアルゴリズムアップデートで検索順位が下落しているでしょう。

3:アップデートに負けない!上位表示させる3つの方法

Googleアルゴリズムを完璧に攻略する事は不可能です。

しかし、Googleはユーザーに良質なコンテンツを届けることを目標としている事は明確に分かっています。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。引用元:Google が掲げる 10 の事実

アップデートが実施されるたびに、検索順位が下落するようなコンテンツよりもより良いコンテンツ作りに専念していれば検索順位は必ず上がってくるのです。

では実際にどの様なコンテンツを作ればよいのか、いま現在公開しているコンテンツの検索順位を上げるにはどうしたら良いのか3つの方法を紹介します。

  • その1➡ 検索ユーザーの検索意図を明確に理解する
  • その2➡ 上位表示している競合サイトと比較する
  • その3➡ 足りない情報の追加と必要ない情報の削除

上記3つの方法について詳しく紹介していきましょう。

3-1:【その1】検索意図を明確に理解する

良質なコンテンツ作りで欠かせないのが、検索ユーザーの検索意図を把握する作業になります。

検索意図とは、検索ユーザーがキーワードを検索エンジンに入れて検索を入れる理由(動機)です。

  • 良質なコンテンツ=ユーザーが求めている情報を提供している

ユーザーが「本当に求めている情報は何か」を理解する事で検索順位を上げることが出来ます。反対にユーザーニーズと異なる情報を提供しても検索順位は下がるばかりです。

ユーザーの検索意図を把握するために、キーワードや関連キーワード・上位表示されてるコンテンツから以下の様な状況を読み取りましょう。

  • 最新情報」を求めているのか
  • 特徴や方法などの「ノウハウ」を求めているのか
  • アンケートや口コミなどの「意見」を求めているのか
  • ~とは?~の意味の様な「意味」が知りたいのか
  • ~の対策・~の治し方の様な「解決策」が知りたいのか
  • 頭、痛い等の状況に合わせた「選択肢」が知りたいのか
  • 商品やサービス(固有名詞)の「詳細」が知りたいのか
  • 「東京 GW イベント」等のまとまった「情報」が知りたいのか

キーワードから読み取れる検索意図を理解して、コンテンツを提供すればユーザーの満足度は向上します。

3-2:【その2】競合サイトとの比較

すでに公開しているコンテンツが上位表示されていない場合は、上位表示されている競合サイトのコンテンツと内容を比較してみましょう。

  • 上位表示されているコンテンツは、どんな内容を提供しているのか?
  • 自分が作成したコンテンツとの違いは何なのか?

上位表示されているコンテンツと、されていないコンテンツには必ず違いがあるはずです。

何が違うのか、上位表示されているコンテンツから学びましょう。

3-3:【その3】足りない情報と必要な情報の分析

3-2で競合サイトとの比較が必要と紹介しました。

競合サイトと内容の比較をしたら、何が必要な情報で何が不要な情報なのかが分かってくるはずです。どんな情報をユーザーが必要としているのか理解し、足りないと感じた情報をコンテンツに追加しましょう。

また、関連性の低い内容を含めていた場合には削除をします。

よりユーザーのニーズに近づくように「リライト」をする事は、検索上位表示をさせるために必要な作業です。

まとめ

Googleアルゴリズムについて詳しく紹介してきました。

Googleは検索ユーザーに、より良いコンテンツを届けるために年間500回以上アルゴリズムのアップデートをしているといわれています。

中には公開されていないアップデート内容も多く含められており、Googleアルゴリズムを攻略する事は不可能だと言われているのです。

そんなアップデートで検索順位を下落させない為にも、より良質なコンテンツ作りを心がける必要があります。

  • 検索意図を理解する
  • 上位表示されているコンテンツとの比較
  • 必要な項目と不要な項目の見極め

上記3つの事を意識して、コンテンツ作りを行えば良質なコンテンツへ近づくはずです。

良質なコンテンツを作成すれば、検索順位にも必ず反映されます。

ぜひ良質なコンテンツ作りを行い、検索上位表示を目指していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 11

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事

    ページ上部へ