バズログ BUZZLOG

MENU

2019-04-29記事制作

文章構成力を鍛える!今日から出来る3つの方法とオススメ本5選

かまとりーぬ 12

目次

人に読んでもらえる、魅力的な文章を書けるようになりたい!

インターネットの普及が進み、仕事やプライベートでも簡単に自分の意見を世間に発信すること事が出来るようになりました。SNSやブログを使って簡単に意見を発信する事ができるからこそ、人に読んでもらえる文章を書けるようになりたいと感じるのでしょう。

どうせ文章を書くなら、読んでもらえる「バズる」文章を書きたいですよね。

結論から言うと、文章の構成力を上げたいなら「まずはひたすら書く」しかありません!

今回は、そんな文章の構成力を上げる方法について詳しく紹介していきましょう。

1:文章を構成する6つの能力

人に読んでもらえる魅力的な文章を書きたい!

上記のように、魅力的な文章を書けるようになりたいと思っても何を頑張ればよいのか見当もつきませんよね。

そこでまずは、文章を構成する6つの能力について把握しておきましょう。

6つの能力を把握する事で、自分はどんな能力が欠けているのか後々の参考になります。

  • 語彙力(ごいりょく)
  • 表現力
  • 構成力
  • 信用力
  • 魅力
  • 生産力

文章を構成する上記6つの能力について、どの様な意味をもたらすのか詳しく紹介していきましょう。

1-1:語彙力(ごいりょく)

語彙力(ごいりょく)とは、言葉の使い方や選び方を指します。

自分の知識の中で、状況に合わせた必要な言葉を選べるかどうかは文章を作る中で必要な力です。

絶妙なニュアンス使いで、最も効果的な言葉を選び出す能力になります。

1-2:表現力

表現力は、文の作り方や言葉の組み合わせ方の事を指します。

表現力はきほんてきな文法とも言い、簡単に言うと文を形成する能力の事です。

1-3:構成力

構成力は、文章全体の道筋や順番の立て方を指します。

文章全体がバランスよく構成できるかが、構成力の最大の課題です。

  • 過不足なく説明できているか
  • 章の関係性は的確なものか
  • 読み手が読みやすい構成か

これらをバランスよく組み立てられるかが、ポイントです。

1-4:信用力

文章を書く上で、信用力(信憑性)を伝えられるかも大切なポイントです。文章の内容に信憑性がないと、読者は納得しません。きちんと信憑性のある情報を届けている事を、伝える力も必要です。

1-5:魅力

文章を作成する上で、必要なのが「魅力」です。

他のコンテンツと同じような内容で文章を構成しても、何も魅力がなく読む価値はありませんよね。

コンテンツ内容に新規性や独自性を含められていますか?

また、著者自身のコンテンツに対する個性も必要です。

あなたの書いたコンテンツを読んで、読者は「楽しめるのか」を基準に考えてみましょう。

1-6:生産力

文章を書く上で、執筆力や文章の量産・生み出す力も必要です。文章は書かなければ上達しません。

最低限の生産力は必ず必要です。

文章を書く事になれる事から始めていきましょう。

2:文章の構成力を鍛える3つの方法

文章の構成力を具体的にアップさせるには、どうしたら良いの?

文章の構成力を鍛えるのに、まず難しい事は必要ありません。

ひたすら書きます。まずは文章を書く事に慣れましょう。

文章を書いていけば、どこを直したら良いのか実践的に学ぶことが出来ます。

より実践的に構成力をあげるには、どうしたら良いのか3つの方法を実践してみて下さい。

  • 200文字程度の文章を毎日書く
  • 文章の構成を意識して組み立てる
  • はてな・教えてgooで説得力を磨く

上記3つの方法について詳しく紹介していきましょう。

2-1:200文字程度の文章を毎日書く

文章の構成力は、鍛えることが出来ます。

その為には、まず毎日文章を書く事から始めましょう

文章は書かなければ上達しません。

まずは文章を書く事に慣れ、何が自分の弱点であるか明確にする必要があるのです。毎日200文字程度の文章を、キーワードを決めて書いてみましょう。毎日200文字書いていれば、文章を書く事に抵抗がなくなり技術的な面に目を向けることが出来るようになります。

2-2:文章の構成を意識して組み立てる

文章を書く事に慣れてきたら、次は文章の構成を意識して組み立ててみましょう。

章を作り、順番を決めて書く事で読者が読みやすい文章を書けるようになります。

文章を構成するオススメの順番は以下の通りです。

  • )問題提起
  • )結論
  • )説明
  • )まとめ

上記の順に文章を構成すると、読者が知りたい順に文章を書く事が出来るので最後まで文章を読んでもらいやすくなります。

また、文章を構成する時は書き始める前にアウトラインを先に作成すると文章を書きやすくなるのです。

アウトラインとは、先に章だけを作成する事を指します。

アウトライン

目次に表示される章の部分だけを先に作ると、文章を書く順番が決まっているので内容がブレずに最後まで書き終えることが出来ます。

2-3:はてな・教えてgooで説得力を磨く

文章を書く事になれて、構成を考えながら書けるようになったら説得力を磨きましょう。

どんなに良い内容であっても、説得力がなければ読み手に伝わりません。実践的に学べる方法としては、はてな・教えてgooなどの質問に回答する方法です。

質問に対して、どれだけ短い文章で簡潔に伝えられるかが重要です。あの手の質問サイトで長々と書かれている文章は求められていません。短く簡潔に書く事で、どのような構成で書けば説得力を出せるかを実践的に学んでみましょう。

3:文章構成を本で学ぶ!オススメの本5選

文章構成を本で学ぶのは凄くオススメです。

インターネットがあれば無料で沢山の情報を得ることができますが、逆にデメリットになる場合もあります。

沢山の情報がありすぎて、何が本当の情報なのか困惑してしまう事があるでしょう。

そんなときには、インターネットではなくで学ぶのがオススメです。本は、その一冊を読めば専門的に学ぶことが出来ます。文章構成を学ぶ5つのオススメな本を紹介しましょう。

  • 伝わる・揺さぶる!文章を書く
  • 人を引き付ける技術
  • お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術
  • 簡潔で心揺さぶる文章作法 SNS時代の自己表現レッスン
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義

上記5つの本について紹介していきます。

どれも文章構成を学ぶには、素晴らしい本ばかりです。

ぜひ自分にピッタリな本を探してみましょう。

3-1:伝わる・揺さぶる!文章を書く

伝わる・揺さぶる!文章を書く

「伝わる・揺さぶる!文章を書く」は文章構成を学ぶ本としては鉄板と言われています。文章を書く事に行き詰まったら、ぜひ読んでほしい一冊です。

自分の書きたい感情を、技術的・理論的に実践で学ぶことが出来ます。実践的に役立てる書き方をされているので、この本を読んだ後すぐに学んだことを実行に移すことが可能です。

3-2:人を惹きつける技術

人を惹きつける技術

「人を惹きつける技術」は物語調の文章を書く人にピッタリな文章構成の本です。ストーリーの意外性や構成を考えて、どのように文章を構成していくかを学べます。業界でいう「キャラをたてる」という事が、どのような事なのか具体的に知りたい場合にもぜひ読むべき一冊です。

また、いかにインパクトを与え効率的に印象づけるかというプレゼンテーション論にも役立つ1冊になっています。

3-3:お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術

ウケる!トーク術

「お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術」は、楽しみながら構成力を学べる一冊です。お笑い芸人のトークって面白いですよね!でもお笑い芸人の周りだけ、面白い事が起きているわけではありません。

話の整理の仕方、脚色の方法といった「作り方」からテンポや表現の仕方まで豊富な実例を交えてノウハウを学ぶことが可能です。

3-4:簡潔で心揺さぶる文章作法 SNS時代の自己表現レッスン

簡潔で心揺さぶる文章作法 SNS時代の自己表現レッスン

「簡潔で心揺さぶる文章作法 SNS時代の自己表現レッスン」は、まるで本当に島田教授の大学の講義を受けている様な錯覚に陥ります。

大学の講義をそのまま本にした様な内容なのですが、難しい内容なのに分かりやすく書かれているのです。

伝わりやすい短文の作り方を学ぶことができます。

3-5:20歳の自分に受けさせたい文章講義

20歳の自分に受けさせたい文章講義

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」は、ライティングの基礎から学ぶことのできる一冊です。

文章を書く前の段階で「どうしよう?」とうずいてしまう様な場合には、絶対読むべき一冊と言っても過言ではありません。

自身のライター生活で培ってきた技術を惜しげもなく公開しており、参考になる部分がとても多い本です。

まとめ

文章構成力について、詳しく解説してきました。

文章の構成力は、主に6つの能力で構成されます。

  • ① 語彙力
  • ② 表現力
  • ③ 構成力
  • ④ 信用力
  • ⑤ 魅力
  • ⑥ 生産力

どれか1つだけ、突出した技術があっても読まれる文章とは言えません。

多くの人が読んで分かりやすい文章、読みたくなる文章を心がけることが必要です。まずは文章を書く事から慣れていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 12

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次
    ページ上部へ