バズログ BUZZLOG

MENU

2019-04-23リスティング広告

【初心者でもわかる】Yahoo!プロモーション広告の使い方と4つの特徴

かまとりーぬ 7

目次

インターネット広告といえば、Yahoo!プロモーション広告Google広告を思いつくのでは無いでしょうか。

Google広告の方がYahoo!プロモーション広告よりも主流と考えられていますが、場合によってはYahoo!プロモーション広告に出稿した方がより効果を得られる場合もあります。

今回は、Yahoo!プロモーション広告の種類について解説した後、使い方Yahoo!プロモーション広告で出稿した方が効果を得られるパターンについて詳しく解説していきましょう。

1:Yahoo!プロモーション広告とは?3つの種類を攻略

Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロ―モーション広告では、3つの広告サービスを中心に広告出稿を行うことが出来ます。

目的に合わせた広告を選び、効率的に成果を発揮させる事が可能です。

  • スポンサードサーチ
  • Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)
  • Twitter広告

それぞれの広告種類について詳しく紹介していきます。

1-1:スポンサードサーチ

リスティング広告

Yahoo!プロモーション広告で利用できる1つ目の広告サービスは「スポンサードサーチ」です。

Yahoo!JAPANの検索窓に「キーワード」を入れて検索をした時に、検索したキーワードに対応している広告を表示させる「検索連動型広告」になります。

いわゆる下記画像の赤色で囲った部分に表示される、リスティング広告ですね。

リスティング広告

キーワードを検索している人にだけ広告が表示されるので、「今すぐ客」や「見込み客」を集客するにはとても効率的な広告になります。また、最大の魅力ともいえるのが「クリック課金型」だという事です。

リスティング広告では、クリックされた時に初めてお金が発生します。

その為、効果が出ないのに費用だけがかかる事を防いで少ない費用からでも広告を出稿する事が可能です。

1-2:Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

ディプレイ広告

Yahoo!プロモーション広告で利用できる2つ目の広告サービスは「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」です。ウェブサイトを見ていて下記画像の様な、目立つ画像を見た事はありませんか?

ディプレイ広告

クリックすると関連サイトが表示される広告を「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」と言います。

Yahoo!ニュースやヤフオク他、提携サイトのコンテンツぺージに画像のように表示させることが可能です。視覚的に広告を表示させる事で、ブランディング認知度向上に最適な広告になります。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の提携サイトは以下画像をご覧ください。

ディプレイ広告

1-3:Twitter広告

Twitter広告

Yahoo!プロモーション広告で利用できる3つ目の広告サービスは「Twitter広告」です。

Twitterは世界で月間3億人以上の人が利用しています。

投稿や返信・フォロー・リツイートなどを気軽に行えることから、SNSの中でも圧倒的な拡散力をもっているのです。そんなTwitterのタイムライン・検索結果・おすすめユーザー一覧などに広告を出稿する事が出来ます。

またターゲットとするユーザーを絞り込むことができ、商品やサービスとの関連性の高いツイートをしたユーザーに対して広告を配信する事が可能です。

料金もクリック課金制で、無駄な出費を抑えることが出来ます。

さらにTwitterの特徴である2次的拡散は、課金が発生しないので拡散されればされるほど費用対効果が高く見込めるのです。

2:Yahoo!プロモーション広告の使い方

Yahoo!プロモーション広告で広告を出したいけれど、使い方が分からない…。

Yahoo!プロモーションを使うためには、まずYahoo!JAPANビジネスIDを取得する必要があります。

Yahoo!JAPANビジネスIDをすでに取得している場合には、ログイン後すぐにYahoo!プロモーション広告から広告を作り始めることが可能です。

今回は実際に「スポンサードサーチ(リスティング広告)」を出稿する流れとともに、使い方について詳しく解説していきましょう。登録方法から順に詳しく解説していきます。

2-1:登録方法

Yahoo!JAPANビジネスIDをまだ取得していない場合には、まずビジネスIDの取得が必要です。

入力内容などを含め紹介していきます。

)「広告のお申し込みはこちらから」へアクセスする

Yahoo!プロモーション広告のトップページにある「広告のお申し込みはこちらから」をクリックします。

Yahoo!プロモーション広告

https://promotionalads.yahoo.co.jp/

)お申し込み情報を入力していく

Yahoo!プロモーション広告

お申し込み情報を入力していきます。

①会社情報の入力

Yahoo!プロモーション広告

  • 事業形態
  • 企業形態
  • 企業形態の位置
  • 会社名
  • 会社名フリガナ
  • 運営サイトURL
  • 業種
  • 住所
  • 電話番号
  • Twitter ID(任意)

② 管理者情報の入力

Yahoo!プロモーション広告

広告を運用する担当者の情報を入力します。

  • 姓名
  • カタカナ
  • メールアドレス
  • メールアドレス再入力
  • お知らせメールの受信可否

③ 認証情報

Yahoo!プロモーション広告

  • SMS認証
  • 音声ガイダンス

どちらかを選んで電話番号を用いた認証を行いましょう。

最後まで入力したら、「入力内容の確認」をクリックします。

)登録したメールアドレス宛にメールが届く

登録時に入力したメールアドレス宛にメールが届きます。

メールに記載されている認証コードを入力し、ログインパスワードになるパスワードを決めて入力しましょう。

)「広告の作成・入金手続き」ボタンをクリック

「広告の作成・入金手続き」ボタンをクリックすると、Yahoo!プロモーション広告のログイン画面になります。続きは、次の2-2をご覧ください。

2-2:ログイン

Yahoo!JAPANビジネスIDを取得したら、Yahoo!プロモーション広告にログインしましょう。

)Yahoo!ビジネスIDとパスワードを入力して「ログイン」クリック

Yahoo!プロモーション広告 ログイン

https://login.bizmanager.yahoo.co.jp/login?url=https://promotionalads.business.yahoo.co.jp

2-3:広告出稿の流れ

ここからは広告(リスティング広告)出稿までの流れを紹介していきます。

)「スポンサードサーチ」クリック

画面上部のメニューバーから「スポンサードサーチ」をクリックしましょう。

Yahoo!プロモーション広告

)「キャンペーン管理」クリック

Yahoo!プロモーション広告

)「新規作成」をクリック

Yahoo!プロモーション広告

)「キャンペーン作成」クリック

Yahoo!プロモーション広告

)キャンペーン名を入力

キャンペーン名を入力しましょう。

キャンペーン名は「サービス名」や「商品カテゴリー」などキャンペーンの登録内容が分かりやすい名称にします。あとから変更も可能です。

Yahoo!プロモーション広告

)キャンペーン予算(日額)を設定する

1日の予算を設定します。1ヶ月の広告予算を決めてから、日割りにした金額を入力すると分かりやすいです。

Yahoo!プロモーション広告

)「保存して広告グループ作成へ」クリック

Yahoo!プロモーション広告

)広告グループ名と入札単価を入力する

  • グループ名:キャンペーン名よりも更に具体的なサービスや商品名を表す名前
  • 入札単価:一日の予算÷希望クリック数で算出した金額を入力する

Yahoo!プロモーション広告

)キーワード作成

宣伝したい商品やサービスに関連するキーワード(言葉)を入力します。

キーワードの選び方については下記の記事を参考にしてください。

効果に差が出る!キーワード選び

Yahoo!プロモーション広告

10)広告の作成

検索エンジンで表示される広告を作成していきます。

Yahoo!プロモーション広告

リスティング広告

  • 広告名
  • タイトル1
  • タイトル2
  • 説明文
  • 最終リンクURL

広告名は、広告グループの中で識別しやすい名前にします。

あとから変更もできます。最後に「保存」をクリックしたら、広告の作成は完了です。

2-4:広告費用の入金

広告を作成したら広告費用の入金を行います。

クリックされて発生するクリックコストは、あらかじめ入金しておく前払い金から支払いが行われるのです。

入金した前払い金がアカウント残高に反映後、広告が審査に通ると広告の掲載がスタートされます。

入金方法は2種類です。

  • クレジットカード
  • 銀行振込

2種類の方法がありますが、オススメはクレジットカードでの入金です。

クレジットカードでの入金は、アカウント残高への反映が早く、振込手数料がかかりません。

クレジットカードでの入金方法を手順に沿って紹介していきましょう。

)「資金管理」クリック

Yahoo!プロモーション広告

2)「カード情報を登録」クリック

Yahoo!プロモーション広告

3)カード情報を入力する

支払いに利用するクレジットカードの情報を入力します。

支払いにはVISA・Master Card・JCB・ダイナース・American Expressが利用可能です。

Yahoo!プロモーション広告

)自動入金・手動入金のどちらかを選択し「確認」をクリック

Yahoo!プロモーション広告

)「入金」クリック

入力内容に誤りがないか確認し、チェックボックスにチェックを入れたら「入金」をクリックします。

Yahoo!プロモーション広告

)「入金完了」

入金完了 

上記画像の表記が出たら入金は完了です。

アカウント残高を見てみると、すぐに入金した10,000円が反映されています。

Yahoo!プロモーション広告

以上が広告費用の入金方法です。

2-5:広告審査が完了するのを待つ

広告には審査があります。審査が完了しないと出稿する事は出来ないのです。

キャンペーン管理→キャンペーン名→広告を開いてみると「審査中」になっています。

審査が完了するまで約3営業日かかるので、完了するまで待ちましょう。実際に出稿できる状態になると、下記部分には何も記載がなくなります。

Yahoo!プロモーション広告 審査

3:Yahoo!プロモーション広告が向いている4つのパターン

Google広告ではなくYahoo!プロモーション広告で広告を出す意味があるのだろうか…。

上記のようにお考えではないでしょうか?

実はGoogle広告ではなく、Yahoo!プロモーション広告で広告を出稿した方が良い4つのパターンがあります。

  • PCユーザー向けに広告を出したい時
  • ターゲットが女性の時
  • ターゲットが高齢者の時
  • リマーケティング

上記4つのYahoo!プロモーション広告で出稿したい場合のパターンについて詳しく解説していきましょう。

3-1:① PCユーザー向けに広告を出したい時

PCユーザー向けに広告を出稿したい場合には、Yahoo!プロモーション広告がオススメです。

国内のPCユーザーはGoogleよりもYahoo!を利用している傾向があります。そのため、PCユーザー向けに出稿したい場合にはGoogleよりもYahoo!プロモーション広告の方が向いているのです。

3-2:② ターゲットが女性の時

ターゲット層が女性の場合もYahoo!プロモーション広告の方がオススメです。

国内調査によると、Googleは男性が利用している傾向が強く、反対に女性はYahoo!を利用している傾向があります。その為、女性をターゲットにして広告を出稿したい場合にはYahoo!プロモーション広告から出稿するのがオススメです。

3-3:③ ターゲットが高齢者の時

高齢者、年配の方はGoogleよりもYahoo!を比較的利用しています。

高齢者をターゲットにする場合にも、Yahoo!プロモーション広告の方がオススメです。

3-4:④ リマーケティング

Google広告では、サービス内容や商材によりリマーケティングできない場合がある事をご存知ですか?

「美容系」「医療系」「借金」など「コンプレックス」を特定するものはGoogle広告で出稿する事が出来ません。

しかしYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)であれば、広告を出稿する事が出来る場合があるのです。サービス内容などによりGoogle広告では出稿できなかった場合は、YDNで出稿を試みるのも良いでしょう。

まとめ

Yahoo!プロモーション広告の使い方について詳しく紹介してきました。

Yahoo!プロモーション広告はYahoo!ビジネスIDを取得すれば、だれでも簡単に広告を作成する事が出来ます。またGoogleではなく、Yahoo!プロモーション広告で広告を出稿した方が、より効果的に成果を上げることができるパターンもあるのです。ぜひ参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 7

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次
    ページ上部へ