バズログ BUZZLOG

MENU

SEO

キーワード選定はSEO対策のはじめの一歩!プロが教える必勝方程式

フィクサー 1

目次

現在進行形でWebサイト(ブログ)を運営している人も、これからWebサイト(ブログ)を運営していく人にも知ってほしいことがあります。

SEO対策やWeb集客を考えているなら「キーワード選定」が最も重要なはじめの一歩になります。

なぜなら、キーワードを深堀して知ることで検索するユーザーの気持ちを理解することができるからです。

ユーザーの気持ちを理解すれば、自ずとあなたが「何のコンテンツ」を「どのように伝えるか」見えてきますよね。

SEO対策=ユーザービリティの向上=キーワードを知る

最初にじっくりとユーザーのことを考えてキーワードを選定すれば、後々コンテンツを作るのが楽になります。

今回は、キーワード選定の基本的な考え方からバズったーで実際に行っているキーワード選定方法を詳しく解説します。

ぜひ、参考にしてください。

1:キーワード選定の基本的な考え方

早速、キーワード選定をするときの基本的な考え方を教えます。

あなたが、何かについて検索エンジンで調べるときにどのような思いで検索しますか?

  • Doクエリ(何かをする)→商品購入、資料請求、会員登録
  • Knowクエリ(情報を知る)→ニューヨーク 時差、琵琶湖 どこ、筋トレ 方法
  • Goクエリ(公式サイトを探す)→Amazon、Wikipedia、au 問い合わせ先

ほとんどの場合は、「したい」「知りたい」「行きたい」の3つの検索意図でユーザーが検索するはずです。

検索クエリ ニーズ

キーワード選定はジャンルや商品、サービスによって様々ですが、共通した検索意図は3つになります。

ユーザーの検索意図を深く掘り下げ、ニーズを理解できれば、〇〇〇のキーワードで検索したユーザーが「どのような状況に置かれているのか」把握できるようになります。

ユーザーのニーズを把握できれば、キーワードに対して「どのようなコンテンツを書けば良いのか」が自ずとわかるのです。

Googleは、ユーザーファーストを目標に日々検索エンジンを改良しています。ユーザーのニーズにしっかりと答えられるWebサイト(コンテンツ)こそSEO対策の近道と言えるのです。

3つの検索意図はキーワード選定をする上で重要な要素となるため、少し掘り下げて解説しましょう。

1-1:Doクエリは「したい」と考えるユーザーの検索意図である

Doクエリには、ユーザーが何かをしたい、何かに対して行動を起こしたいという意図があります。

「したい」と考える代表的なパターンをいくつか挙げます。

  • 商品を購入したい
  • 資料請求をしたい
  • 会員登録をしたい
  • ツールをダウンロードしたい
  • インストールしたい

さらに掘り下げて具体的な例をいくつか挙げます。

  • エルメス財布 通販
  • 中目黒 中古マンション 資料請求
  • Amazon 会員登録
  • ヤフオク インストール

すべて、ユーザーが「何かをしたい」という検索意図が含まれています。

「何かをしたい」という検索意図が含まれているため、Googleでは「Doクエリ」と呼んでいるのです。

1-2:Knowクエリは「知りたい」と考えるユーザーの検索意図である

Knowクエリには、ユーザーが何かを知りたい、疑問や悩みを解決したいという意図があります。

「知りたい」と考える具体的な例をいくつか挙げます。

  • iPhone 使い方
  • 中国 時差
  • ペペロンチーノ レシピ
  • トレーニング ダイエット
  • Amazonプライム 年会費
  • 楽天市場 ログイン できない
  • 琵琶湖 広さ

検索意図の中では一番わかりやすいクエリですよね。

すべて、ユーザーが「知りたい」という検索意図が含まれています。

「知りたい」という検索意図が含まれているため、Googleでは「Knowクエリ」と呼んでいるのです。

1-3:Goクエリは「行きたい」と考えるユーザーの検索意図である

Goクエリには、ユーザーが直接的に、特定のサイト(コーポレートサイト、商品ページ、サービスサイト)へ行きたいという意図があります。

「行きたい」という具体的な例をいくつか挙げます。

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Wikipedia
  • Twitter ログイン
  • ドミノピザ メニュー
  • iPhone8

すべて、ユーザーが「行きたい」直接的なページにアクセスする検索意図が含まれています。

※わかりやすく言うと「コーポレートサイトや個別ページ」を直接見たいユーザーです。

「行きたい」という検索意図が含まれているため、Googleでは「Goクエリ」と呼んでいるのです。

ユーザーの基本的な検索意図を把握したところで、次は具体的なキーワード選定方法に進んでいきましょう。

2:キーワード選定でやるべき8つの手順

それでは、ここから具体的なキーワード選定の方法を詳しく解説します。

  • あなたが思う関連キーワードを全て書き起こす
  • Googleサジェストでキーワードを追加する
  • 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)でキーワードを追加する
  • キーワードプランナーでキーワードを追加する
  • 3つの検索クエリにキーワードを振り分ける
  • キーワードの検索数と競合性を知らべる
  • 知恵袋などの質問から疑問や悩みをPickUpする
  • あとは1キーワードに対して良質な1記事を書く

ものすごく面倒ですが、「キーワード選定を徹底すればWeb集客を劇的に増やすことができる」と考えて妥協せずに実践してください。

8つの手順を図説を使いながら解説します。

2-1:あなたが思う関連キーワードを全て書き起こす

まずは、ユーザーが検索すると思うキーワードをエクセルなどにすべて書き起こしてください。

今回は、「ハワイ旅行」関連のWebサイトを運営すると想定してキーワードを抜き出してみます。

ハワイ旅行 手続き ハワイ旅行 JTB
ハワイ旅行 資料請求 ハワイ旅行 時差 HIS
ハワイ旅行 申し込み ハワイ旅行 持ち物 トラベルコ
etc… etc… etc…

上の表では、「ハワイ旅行」について少数のキーワードを出しているが、実際には、思いつく限りのキーワードを絞りだしてください。

ユーザーが検索する気持ちになってキーワードを出すことで、ユーザーニーズを満たすコンテンツを作ることができます。

ニーズを満たすことができれば、それはSEO対策の第一歩と言えるのです。

2-2:Googleサジェストでキーワードを追加する

あなたが思う限りのキーワードを書き出せたら、Googleのサジェスト機能を使って、ユーザーがどのようなキーワードで検索しているのか調べます。

Googleの検索窓に「ハワイ旅行」と入力して検索します。

Googleサジェスト

赤枠の部分がGoogleのサジェストです。

Googleのサジェストは普段ユーザーがどのようなキーワードで検索しているかわかる機能になります。

サジェストでわかったキーワードを追加しましょう。

ハワイ旅行 手続き ハワイ旅行 JTB
ハワイ旅行 資料請求 ハワイ旅行 時差 HIS
ハワイ旅行 申し込み ハワイ旅行 持ち物 トラベルコ
ハワイ旅行 ツアー ハワイ旅行 予算 ハワイ旅行記
ハワイ旅行 ブログ ハワイ旅行 プレゼント ハワイ旅行 9月
etc… etc… etc…

思いつかなかったキーワードもサジェストを使うことで補うことができます。

※サジェストは半角や全角でスペースを入れて検索すると表示されます。

2-3:関連キーワード取得ツール(仮名・β版)でキーワードを追加する

サジェストでキーワードを追加したら、さらに深く掘り下げるために「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」を使ってキーワードを調べます。

関連所得キーワード所得ツール(仮名・β版)の検索窓の「ハワイ旅行」と入力して検索します。

公式サイト:関連所得キーワード所得ツール(仮名・β版)

関連所得キーワード所得ツール(仮名・β版)

あなたが思いついたキーワード、Googleサジェストで追加したキーワードと重複していないキーワードをまとめます。

ハワイ旅行 手続き ハワイ旅行 JTB
ハワイ旅行 資料請求 ハワイ旅行 時差 HIS
ハワイ旅行 申し込み ハワイ旅行 持ち物 トラベルコ
ハワイ旅行 ツアー ハワイ旅行 予算 ハワイ旅行記
ハワイ旅行 ブログ ハワイ旅行 プレゼント ハワイ旅行 9月
ハワイ旅行 一人旅 ハワイ旅行 服装 ハワイ旅行 エアトリ
etc… etc… etc…

関連所得キーワード所得ツール(仮名・β版)は、大量の関連キーワードが出てきますが、「本当にあなたの求めているユーザーが検索しそうなキーワード」だけ追加してください。

例えば、「ハワイ旅行 英語で」などのキーワードは省きましょう。なぜなら、あまりハワイ旅行とは関係ないワードだからです。

あくまでも、あなたの目指すサイトに近いユーザーが検索するキーワード選定が大切になります。

2-4:キーワードプランナーでキーワードを追加する

キーワードを掘り下げるのは最後の作業です。

Googleが提供しているキーワードプランナーを使って関連するキーワードを追加します。

公式サイト:キーワードプランナー

キーワードプランナーを開いたら「新しいキーワードを見つける」をクリックしてください。

キーワードプランナー 使い方

検索窓に「ハワイ旅行」と入力して検索します。

キーワードプランナー 使い方

ハワイ旅行の関連性の高いキーワードが表示されます。

キーワードプランナー 使い方

先ほどと同じく、重複していないキーワードを書きだします。

ハワイ旅行 手続き ハワイ旅行 JTB
ハワイ旅行 資料請求 ハワイ旅行 時差 HIS
ハワイ旅行 申し込み ハワイ旅行 持ち物 トラベルコ
ハワイ旅行 ツアー ハワイ旅行 予算 ハワイ旅行記
ハワイ旅行 ブログ ハワイ旅行 プレゼント ハワイ旅行 9月
ハワイ旅行 一人旅 ハワイ旅行 服装 ハワイ旅行 エアトリ
ハワイ旅行 激安 ハワイ旅行 ランキング ハワイ旅行 ANA

あなたが「ハワイ旅行」の関連キーワードを考えたときよりも、多くのキーワードを書きだすことができましたか?

上の表は省略していますが、実際のキーワード選定では、100~500程度のキーワードを書きだすのを目安にします。

より多くのキーワードを書きだすことで、ユーザーのニーズを深く掘り下げることができるからです。

2-5:3つの検索クエリにキーワードを振り分ける

キーワードを限りなく書きだしたら、1章で解説した3つの検索クエリにキーワードを振り分けます。

  • Doクエリ(したい)
  • Knowクエリ(知りたい)
  • Goクエリ(いきたい)

完璧でなくても、ある程度はキーワードを見てユーザーの気持ちになれば振り分けられるはずです。

実際に振り分けた表が以下になります。

Doクエリ(したい) Knowクエリ(知りたい) Goクエリ(いきたい)
ハワイ旅行 手続き ハワイ旅行 JTB
ハワイ旅行 資料請求 ハワイ旅行 時差 HIS
ハワイ旅行 申し込み ハワイ旅行 持ち物 トラベルコ
ハワイ旅行 ツアー ハワイ旅行 予算 トリバゴ
ハワイ旅行 ブログ ハワイ旅行 激安 ハワイ旅行 JAL
ハワイ旅行 一人旅 ハワイ旅行 服装 ハワイ旅行 エアトリ
ハワイ旅行 プレゼント ハワイ旅行 ランキング ハワイ旅行 ANA

振り分けができたら、キーワードについて、どのようなコンテンツを書けばユーザーが満足できるのかを考えておくと良いです。

2-6:キーワードの検索数と競合性を知らべる

キーワードを検索クエリごとに振り分けたら、キーワードプランナーを使って「検索数」と「競合性」を調べます。

  • 検索数→キーワードが月間検索される回数
  • 競合性→キーワードを上位表示する難易度

公式サイト:キーワードプランナー

キーワードプランナーを開いたら「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

キーワード検索数と競合性の調べ方

書きだしたすべてのキーワードを入力して「開始する」をクリックします。

キーワード検索数と競合性の調べ方

予測データが出るので「過去の指標」をクリックします。

キーワード検索数と競合性の調べ方

入力したキーワードの検索ボリューム(検索数)と競合性が一覧で表示されます。

キーワード検索数と競合性の調べ方

検索数は数字が高い順に難易度が高く、競合性は「高>中>低>」の順に難易度が高いという指標です。

検索数と競合性がわかったら表にまとめます。

Doクエリ(したい) 検索数 競合性 Knowクエリ(知りたい) 検索数 競合性 Goクエリ(いきたい) 検索数 競合性
ハワイ旅行 手続き 70 ハワイ旅行 74000 JTB 450000
ハワイ旅行 資料請求 ハワイ旅行 時差 30 HIS 450000
ハワイ旅行 申し込み 10 ハワイ旅行 持ち物 4400 トラベルコ 673000
ハワイ旅行 ツアー 720 ハワイ旅行 予算 1900 トリバゴ 450000
ハワイ旅行 ブログ 3600 ハワイ旅行 激安 170 ハワイ旅行 JAL 170
ハワイ旅行 一人旅 40 ハワイ旅行 服装 720 ハワイ旅行 エアトリ 10
ハワイ旅行 プレゼント 390 ハワイ旅行 ランキング 10 ハワイ旅行 ANA 140

キーワードの検索数と競合性を表にまとめたら、記事を書く順番を決めておきます。

検索数が300以下、競合性の低いキーワードから書くことをオススメします。なぜなら、短期間で上位表示できる可能性があるからです。

まずは、ライバルの少ないキーワードから書き、Webサイトのドメインパワーを高めましょう。

2-7:知恵袋などの質問から疑問や悩みをPickUpする

キーワード選定でもう一つ欠かせないのが、知恵袋などの質問内容を知っておくことが大切になります。

なぜなら、「知恵袋で質問する」=「ユーザーの悩みをダイレクトに知ることができる」からです。

ユーザーの悩みがわかれば、悩みを解決できる記事を書くことで上位表示される可能性があります。

  • Yahoo!知恵袋
  • 教えて!Goo

上記の質問サイトからユーザーがどのうような内容で悩んでいるのか確認します。

例としてYahoo!知恵袋で「ハワイ旅行」と検索したら様々な質問がありました。

Yahoo!知恵袋

質問が多い内容をピックアップしてキーワード選定した表の隣にメモしておくと、ユーザーの気持ちを考えるときに役立ちます。

2-8:あとは1キーワードに対して良質な1記事を書く

キーワード選定がまとまったら、1つのキーワードに対してユーザーに120%満足してもらえる良質な記事を1記事ずつ書いきます。

注意点としては、多くのキーワードを1つの記事で補うのではなく、そのキーワードで検索したユーザーを徹底的に納得させる記事を書いてください。

そうすれば、狙ったキーワードでWebサイトを上位表示することができます。

  • ハワイ旅行 予算→1記事
  • ハワイ旅行 持ち物→1記事
  • ハワイ旅行 服装→1記事

etc…

すべて1キーワードで1つの記事を徹底的に書くことを忘れないでください。

まとめ

キーワード選定は、あなたが最高の記事を書き、ありとあらゆる関連キーワードで上位表示される財産になるWebサイトを完成させ、SEOから膨大なアクセスを稼ぐための第一歩です。

しっかりと時間をかけ、ユーザーの気持ちを深く掘り下げて作りあげたキーワード選定は、きっとあなたの今後に役立ちます。

何事にも段取りが完璧であれば、その先はうまくいく道しかありません。最高のWebサイト(コンテンツ)にするためにも徹底したキーワード選定をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 1

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事