バズログ BUZZLOG

MENU

2019-04-23SEO

100万PVを獲得するために欠かせない『ドメインパワーとは?』

土肥大夢 6

目次

ドメインパワーとは、GoogleやYahoo!の検索エンジンからのドメイン評価になります。

もちろんドメインパワーが弱いWebサイトより、ドメインパワーが強いWebサイトの方が良いものです。

100万PV以上を獲得しているWebサイトのドメインパワーが強いのは言うまでもありません。

SEOの観点でもドメインパワーが強いWebサイトは有利で、ドメインパワーをUPさせることはSEO対策の一つと考えるべきでしょう。

そこで今回は、SEO対策を行なっていく上でも重要になる『ドメインパワー』について詳しく解説していきます。

1:SEO視点で見る『ドメインパワー』の2つの重要性

ドメインパワーを知る上でやはり大前提として、SEO対策とドメインパワーの関係が密接である事と重要度が高いことは頭に入れておきましょう。

ドメインパワーが強いWebサイトはSEO視点で言うと次の2つのメリットがあります。

  • ページのインデックスが早くなる
  • BIGキーワードで検索上位が早くなる

この2つは僕の経験上ドメインパワーが大きく関係するポイントだとわかっています。

1-1:ページのインデックスが早くなる

ドメインパワーが強いWebサイトの特徴の1つとして、インデックスされるスピードがとても早くなるというメリットがあります。

  • 「コンテンツを追加したとき」
  • 「Webサイトのページを増やしたとき」

このような時にすぐにGoogleがすぐに反応し、即インデックスされます。ドメインパワーが弱いWebサイトがコンテンツを更新すると、公開してもクローラが巡回してこないので2,3日インデックスされるまでに時間がかかることもあります。

インデックスされなければ、検索結果に公開しているページが表示されることもありません。

ドメインパワーが強いWebサイトだと、即インデックスされ即検索上位表示されるパターンもよくあります。

関連記事:Googleにインデックスされたか確認する2つの方法と促進する裏ワザ

1-2:BIGキーワードで検索上位が取りやすくなる

検索数が大きいキーワードで検索上位表示を目指すならドメインパワーはとても重要です。

BIGキーワードでSEOするようになれば、当たり前ですがスモールキーワードはもっと検索上位をとることが楽になります。

ドメインパワー+コンテンツ力=検索上位表示

このように僕は考えています。あとは細かいSEO内部対策と外部対策を完璧にしておけば100万PVを超えるWebサイトへと必ず成長します。

関連記事:コンテンツSEOに成功した私が教える!問い合わせ件数が10倍になる法則

2:ドメインパワーの確認は”MOZ”か”Ahrefs”を使え

ドメインパワーとは、どういうものなのか、重要性をお伝えしてきました。

そこで次はドメインパワーのチェックツールである次の2つを紹介します。

  • MOZ
  • Ahrefs

自身のWebサイトのドメインパワーを知りたいなら、このどちらかのツールを使う必要があります。

ドメインパワーをチェックした時には、以下の表を参考にしてみてください。

ドメインパワーの目安
1〜10 これから!
〜30 まだまだ
〜50 そこそこ強い
〜79 強い
80〜 最強

2-1: 無料のMozでドメインパワーチェック

MOZ

MOZはドメインパワーで有名なSEOツールです。

初回は30日間無料で利用できるので、初めてのSEOツール導入を考えている方には特におすすめします。

ドメインパワーのチェックができるのはもちろん、SEOツールなのでキーワード検索からWebサイトのクロール情報なども把握することができる超便利ツールです。

MOZについてさらに詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください↓

プロ直伝!5分でできるドメインパワーチェック&パワーUP方法

2-2:Webサイト運営者ならAhrefsの導入がおすすめ

Ahrefs

本格的にドメインパワーの管理をするなら、『Ahrefs』がおすすめです。

ドメインパワーをこれから意識して成長させていきたい、Webサイトを本格的にSEO対策をしてきたいと言う方はすぐにAhrefsがぴったりでしょう。

MOZが30日間無料トライアルがあるのに対し、Ahrefsは7日間しか無料トライアルがないというポイントだけ少し劣りますが、受けられるサービスはほとんど同じです。そして、日本語に対応しているので使いやすさもAhrefsの方が個人的には感じます。

Ahrefsについてさらに詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください↓

プロ直伝!5分でできるドメインパワーチェック&パワーUP方法

3:ドメインパワーのUPをする3つのコツ

ドメインパワーが強ければ強いほど、SEOで有利ということは間違いありません。

そんなドメインパワーをUPさせる3つのコツを僕は見つけました。

  • 良質なコンテンツを増やす
  • 内部リンクの導線を作る
  • ナチュラル被リンクを集める

いわゆるSEO対策の土台となっているこの3つがドメインパワーUPにも関連しているのです。

3-1:良質なコンテンツを増やす

良質なコンテンツを増やすのは一番重要なポイントです。

  • ただただ文字数が多い記事にしないこと
  • 他のWebサイトが書いている情報と同じことを書かないこと

この2つをNGとし、読むターゲットになるユーザーのニーズを捉え、有益な情報をわかりやすく書くことでドメインパワーは成長します。

3-2:内部リンクの導線を作る

コンテンツを作る上で内部リンクの設置は、ドメインパワーUPにとって重要です。

Webサイトにクローラーが巡回してきたとき、クローラーはリンクを辿ってWebサイト内をインデックスしていきます。

インデックスするスピードは、内部リンクやリンクの導線が関係しているのです。

3-3:ナチュラル被リンクを集める

ナチュラル被リンク=コンテンツを本当に良いと思ってくれたリンク

このような被リンクを集めましょう。クローラーの巡回数は被リンクが多ければ多いほど頻繁になります。だから、ドメインパワーとナチュラル被リンクが関係していることがわかるのです。

購入した被リンクや自作自演リンクはGoogleペナルティの対象です。ペナルティ対象の被リンクではなく、ナチュラル被リンクを集めることを意識しましょう。

関連記事:大打撃!手動ペナルティを受けた時にとるべき3つの行動と解除方法

4:オールドドメインを使ったWebサイト運営はおすすめしない

「ドメインパワーを1から育てるのは難しいし、面倒くさい…」

こう思っている方が考える策としては『オールドドメイン』を使う方法でしょう。

確かにオールドドメインは、ドメインパワーが最初から強いものが多くすぐにSEO効果を発揮することができるものです。

ただし、リスクの方が大きいので僕は絶対におすすめしません。0からドメインを取得し、成長させていくことをおすすめします。

関連記事:【経験者が語る】オールドドメインを使ったSEOの危険性と3つの理由

4-1:ドメインエイジはドメインパワーにそこまで影響がない

ドメインパワーはドメインを取得してから、ある程度年月が経っている方が強いとよく聞きます。これをドメインエイジの影響とも言いますが、僕はそこまで影響がないものだと感じます。

だから、オールドドメイン全てが強いドメインということではないのです。

ドメインパワーは被リンクなどの総合的な部分で強くなっていくと考えるべきでしょう。

まとめ

ドメインパワーは、検索エンジンからのドメイン評価です。

SEO対策をしていく上でドメインパワーは重要になります。多くのキーワードで幅広く検索上位表示に成功しているWebサイトはドメインパワーも強いことがほとんどです。

ドメインパワー+コンテンツ力=検索上位表示

3章でお伝えしたドメインパワーUP方法を実際に行って、ドメインパワー最強を目指しましょう。

100万PVの鍵はドメインパワーです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 6

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事

    ページ上部へ