バズログ BUZZLOG

MENU

記事制作

【初心者必読】SEOライティングを習得して検索1位を獲る10のポイント

フィクサー 3

目次

SEOライティング・・・

この言葉を聞いて「難しそう!」「ウソクサイ!」など、いろんな考えを持っている方が多数いるだろう。

しかし、実はものすごくシンプルな考えてでSEOライティングは行うことができおる。

それは、ユーザーの疑問や悩みをわかりやすく解決するライティングをすることだ。

今回は、SEOライティングについてポイントや書き方について詳しく解説する。

ぜひ、参考にしてほしい。

1:SEOライティングとは

SEOライティングとは、SEO対策を意識してWebページ(記事)を書くことである。

具体的には、各キーワードやトピックについてユーザーの疑問や悩みをわかりやすく解決できる記事を作成し、尚且つGoogleに好まれる形式でWebページを作ることだ。

SEOライティング

各キーワードで検索上位を獲得したいなら、絶対にSEOライティングは習得しておこう。SEOライティングを習得しておくことで、以下2つのSEO対策を行うことができる。

1-1:コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、「ユーザーの悩みや関心に合わせて、具体的な目的に向かってコンテンツ(記事)を発信するSEO対策」である。

SEOライティングを習得することで、コンテンツSEOを80%攻略したと言えるだろう。なぜなら、コンテンツSEOはコンテンツ(記事)の質が全てだからだ。

コンテンツSEOを始めるならSEOライティングを先に習得しておくことをオススメする。

関連記事:コンテンツSEOに成功した私が教える!問い合わせ件数が10倍になる法則

1-2:ロングテールSEO

ロングテールSEOとは、「ビックキーワードに関連する2つ以上の単語で構成されるキーワードの検索順位を網羅するSEO対策」である。

SEOライティングを習得することで、各ロングテールのキーワードを網羅し、検索順位を独占できるだろう。なぜなら、ロングテールのキーワードは競合が少なくSEOライティングをしているコンテンツが少ないからだ。

ロングテールSEOも各キーワードに対してSEOライティングをするため、習得することをオススメする。

関連記事:ロングテールSEOがあなたを救う!最も効果的な5つの実践方法

2:SEOライティング10のポイント

この章からは、実際にSEOライティングをするときのポイントを解説しよう。

以下、10のポイントはSEOライティングをする上で必須なので確実に理解してほしい。

  • ユーザーファーストであること
  • 1キーワード、1コンテンツで作成すること
  • 検索上位5位内を徹底調査すること
  • 検索クエリを理解してペルソナを設定すること
  • 小学生でもわかるPREP法を用いること
  • コンテンツはオリジナリティであること
  • コンテンツは適切な箇所に図説を用いること
  • コンテンツは「E-A-T」用いること
  • 思わずクリックしたくなるタイトルにすること
  • Googleに伝わりやすく最適化すること

以上、10のポイントを100%やり切れば間違いなくあなたが狙っているキーワードで上位表示を獲得できる。なぜなら、ユーザーのためになるSEOライティングだからだ。

各ポイントについて詳細に解説していく。

2-1:ユーザーファーストであること

SEOライティングのポイントは、Googleに好まれるライティングでも自己満足のライティングでもない。ユーザーの疑問や悩みをわかりやすく解決できるライティングだ。

この考え方を大前提にライティングすれば、必ずSEOで絶大な効果を得るだろう。なぜならGoogleの考えがユーザーファーストであるからだ。

以下、Googleの使命を見てもらうとわかる。

参考:Googleの使命

すべてはユーザーが求めている情報を正確に提供するために日々検索エンジンは進化していることがわかるだろう。

ユーザーのために=Googleが評価する

このイコールを脳に焼き付けておくことがSEOライティングの最重要ポイントだ。

2-2:1キーワード、1コンテンツで作成すること

SEOライティング2つ目のポイントは、「1キーワード1コンテンツで作成すること」である。

わかりやすく以下の画像を見てほしい。

1キーワード1コンテンツ

よく間違えている方がいるが、1つのコンテンツに複数のキーワードを詰め込んではいけない。関連性が本当にあるなら問題ないが、多くの方は1つのコンテンツで色んなキーワードを上位表示させようとしている。

関連性がないのにそんなキーワードを詰め込んでもなんの意味もない。上記の画像のように1キーワード1コンテンツでライティングするのがポイントだ。

2-3:検索上位5位内を徹底調査すること

SEOライティング3つ目のポイントは、「ライティングするキーワードで上位表示しているサイト5位までを徹底調査すること」である。

そのキーワードでSEOライティングするということは、現在いる上位サイトを抜かなければならない。そのために上位5サイトが「どんなコンテンツを書いてるか?」や「なにか他と違うものを用いているか?」などを徹底調査する必要がある。

徹底調査が終わったら、単純に上位5サイトを超えるライティングをすることだ。上位サイトよりも素晴らしいライティングをすれば必ず追い越すことができるだろう。

2-4:検索クエリを理解してペルソナを設定すること

SEOライティング4つ目のポイントは、「検索クエリを正確に理解してより深いペルソナを設定すること」である。

例えば、「SEO対策 料金」と検索したユーザーの意図について考えてみよう。

なぜユーザーは「SEO対策 料金」と検索したのか?

  • SEO対策を外注したいが料金感がわからない
  • SEO対策の相場を知りたい
  • 安い業者にSEO対策を依頼したい

など、ユーザーが検索した意図を予想するのだ。ある程度検索するユーザーのニーズを理解したら詳しくペルソナを設定しよう。

【ペルソナ分析】

名前 バズ 太郎
年齢 30代前半
職種 採用ブランディング
年収 500万円
家族構成 配偶者、子供1人
住んでいる地域 大阪
役職 マネージャー
プライベートの悩み 子供の受験
趣味 ネットサーフィン
検索意図 上司よりSEO対策会社の料金を調べるように指示された

ペルソナを設定することで、そのユーザーのためになるライティングをすれば良いのだ。

どんな人が、どんな意図で、何を知りたくて」検索しているキーワードなのかを深堀してみよう。

2-5:小学生でもわかるPREP法を用いること

SEOライティング5つ目のポイントは、「小学生でもわかるPREP法を用いること」である。

PREP法とは、

  • POINT=ポイント、結論
  • REASON=理由
  • EXAMPLE=事例、具体例
  • POINT=ポイント、結論、おさらい

上記の順序で文章を構成し、作成する方法だ。

以下、例を使って説明しよう。

私はリンゴが好きだ。

なぜなら、おいしいし、健康にも良く消化が早いからだ。

例えば、サッカー選手が試合中に食べることもあるほどだ。

だから、私はリンゴが好きだ。

このように、”結論→結論の理由→それにちなんだ具体的な例→最後におさらいでもう一度結論”の流れでライティングすると非常にユーザーに響く。

Webでライティングするときは、PREP法で記事を作成することがポイントだ。

2-6:コンテンツはオリジナリティであること

SEOライティング6つ目のポイントは、「オリジナリティのあるコンテンツにすること」である。

他のサイトから盗んだような文章でなく、自らの言葉で表現して独自の情報を盛り込ませたライティングをしよう。

他が書いているような内容を書くのは当たり前だが、「あなたしか知らない情報」を提供する事でオリジナリティが生まれる。

出し惜しみせずに、良い情報は積極的に発信していこう。

2-7:コンテンツは適切な箇所に図説を用いること

SEOライティング7つ目のポイントは、「適切な箇所には図説や画像をコンテンツに用いること」である。

よく、文章だけのコンテンツや画像を大量に使った文章を目にするが間違いだ。

適切な箇所で画像や図説は用いて、その他では使う必要は一切ない。よくh2タグ下に画像貼っているコンテンツがあるが、ただの見栄えにしか過ぎない。

ここで画像や図説を使ったらユーザーにわかりやすいかな?」という意識を常に持ってライティングしよう。

2-8:コンテンツは「E-A-T」用いること

SEOライティング8つ目のポイントは、「E-A-Tを用いたコンテンツを作ること」である。

E-A-Tとは、

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthy(信頼性)

の頭文字をとったGoogleの造語だ。とくに注目してほしいのは「専門性」の部分である。

医療関係や命にかかわるようなコンテンツを作成する場合は、専門家などに監修してもらいながらライティングすることを心がけよう。

関連記事:E-A-Tとは?専門性と権威性を極め信頼されるコンテンツを作る5つの戦略

2-9:思わずクリックしたくなるタイトルにすること

SEOライティング9つ目のポイントは、「思わずクリックしたくなるタイトルにすること」である。

あなたも経験があるだろう。検索結果の中からより詳しい内容が記載されてそうなタイトルを思わずクリックしてしまうこと。

以下、例を見てもらいたい。

クリックしたくなるタイトル

ユーザーにとってメリットがありそうなタイトル、具体的なことがわかるように数字を使うなどの工夫をしてタイトルを決めよう。

その際、出来る限り狙っているキーワードは左の方に入れることがミソだ。

関連記事:つい目が止まるキャッチコピーの特徴5つと真似したいテクニック

2-10:Googleに伝わりやすく最適化すること

SEOライティング最後のポイントは、「Googleに伝わりやすく最適化すること」である。

少し、SEOライティングとは逸脱しているかもしれないが必要なので覚えておこう。

  • hタグの順番を間違えない
  • メタ情報は正確に細かく記入する
  • 画像を貼るときはalt属性を使う
  • 信頼性のないURLにノーフォローを使う

など、Googleが最適なコンテンツなのかを判断する材料となるため重要である。

最低限のタグやメタ情報などは把握しておこう。

まとめ

いかがでしたか?

SEOライティングをマスターするだけで、あなたのライティングスキルは飛躍的に成長する。

ただ単に記事を書くのではなく、ユーザーのためになる記事制作を意識することが重要だ。

ユーザーのためになる記事=Googleが必ず評価してくれる記事

SEOで効果を出したいなら、ユーザーファーストになることが最重要である。ユーザーファーストな心をもってライティングに取り組めば自ずとSEOライティングを習得することができるだろう。

あなたの書いたコンテンツが、狙っているキーワードで検索1位を獲得するために今回の記事が参考になれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 3

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事