バズログ BUZZLOG

MENU

2019-08-29記事制作

【初心者必読】Webライティングのおすすめ本10選で最速上達

ゆっけ 5

目次

Webライティングが学べるオススメの本が知りたい!

おまかせください!本当に役立った本のみを厳選して目的別に計10冊紹介します。

  • 初心者がはじめに読むべき本(3冊)
  • 中級者になるために読むべき本(3冊)
  • 収益を出すための応用本(4冊)

この記事は、Webライティング初心者~中級者を対象として、文章の基本からWebライティングで収益をだすための本まで幅広く紹介しています。

参考にして本を選んでみてください。

1:Webライティング初心者がはじめに読むべき本3選

「Webライティングを始めてみようかな…」

そんな初心者におすすめの本を3つ厳選して紹介します。

  • 沈黙のWebライティング
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義
  • 文章力の基本

この章で紹介する初心者向けの本は上記の3冊です。

ただし前提として、初心者はWebライティングの本を何十冊も読む必要はありません。

なぜなら、多読してもWebライティングは上達しないからです。目的ごとに1冊の本を完璧にし、実際に文章を書くことが上達への近道でしょう。

1-1:沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティング

 

著者 値段 発売日 電子書籍
松尾 茂起 ¥2,160 2016/11/1

商品をAmazonで見る

「沈黙のWebライティング」はWebライティングの有名人である松尾茂起さんが執筆した本です。

初心者に1冊だけ勧めるなら、私は間違いなくこの本をおすすめします

おすすめする理由は次の通りです。

  • ストーリー性があり本が苦手でも読みやすい
  • Webライティングの本質が分かる
  • SEOと関連させながら基本を理解できる

Webライティングとは、ただ単に文章を書くことではありません。Google等の検索結果で上位に表示させるような記事を書くことなのです。

まずは「沈黙のWebライティング」でWebライティングの根本を理解しましょう。

1-2:20歳の自分に受けさせたい文章講義

20歳の自分に受けさせたい文章講義

著者 値段 発売日 電子書籍
古賀 史健 ¥907 2012/1/26

商品をAmazonで見る

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」は、文章を書くことに対して苦手意識がある場合に読みたい1冊です。

Webライティングの本ではありませんが、考えていることを文章にするという基本的な部分をしっかり学ぶことができます。

国語の時間には教わることのできない、書く技術についてのノウハウが詰まっているので、文章を書き始める前に読んでおくこと良いでしょう。

1-3:文章力の基本

文章力の基本

著者 値段 発売日 電子書籍
阿部 紘久 ¥1,407 2009/7/24

商品をAmazonで見る

「文章力の基本」は、正しく読みやすい文章を書くために必要な1冊で、約30万冊のベストセラー本です。

正しく読みやすい文章は、Webライティングにおいても重要視されます。

本の中では、誰もが間違いやすい文章について、例文とその改善案が紹介されており、自分の間違った日本語を修正することが可能です。

何回も読み直して完璧にしておきたい内容なので、1冊は持っておきましょう。

2:脱初心者!Webライティング上達に欠かせない本3選

「もっと上達したい!他人と差をつけたい!」

そんな脱初心者を目指すライターにおすすめの本を3冊紹介します。

  • 100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300
  • 一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック
  • 10年使えるSEOの教科書

ある程度文章が書けるようになったら、次は「読んでもらう」ことが重要になってきます。

この章で紹介する3冊は、読んでもらう文章を書くために重要なポイントが書かれている本ですので、ぜひ参考にしてみてください。

2-1:100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300

100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300

著者 値段 発売日 電子書籍
東 香名子 ¥1,512 2018/12/10

商品をAmazonで見る

Webライティングでコンテンツ(記事)を作成するとき、タイトルの付け方はコンテンツの内容と同じくらい重要です。

検索結果やSNS上で、コンテンツへのリンクがクリックされるかどうかは、タイトルの付け方で決まると言っても過言ではありません。

「100倍クリックされる超Webライティング」で紹介されている単語を活用すると、クリックされやすいタイトルをつけることができます。

関連記事:記事タイトルで順位を上げる!グンと伸びる7つのコツと自動育成ツール

2-2:一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

著者 値段 発売日 電子書籍
高橋 フミアキ ¥1,404 2013/10/29

商品をAmazonで見る

「一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック」では、人を惹きつける文章の書き方を学ぶことができます

Webライティングの基本、文章の基本がマスターできたなら、次は「読み進めたくなる」文章の書き方を会得しましょう。

2-3:10年使えるSEOの教科書

10年使えるSEOの教科書

著者 値段 発売日 電子書籍
土居 健太郎 ¥1,598 2015/4/23

商品をAmazonで見る

WebライティングとSEO(検索エンジン最適化)は密接な関係があります。

「10年使えるSEOの教科書」は文章に関する本ではありません。しかし、検索に強いコンテンツ(記事)を作るにはどうしたらいいかを習得可能です。

この本は、SEO業界では有名な土居健太郎が執筆しており、SEOの「根本的な考え方」を理解することができます。

3:Webライティングを収益につなげる応用本4選

Webライティングの勉強しようとしているあなたは、ブログ運営者や、企業のWeb担当者なのではないでしょうか。

集客を増やし、収益につなげるというのはブログ運営者にとっては重要なことです。

この章では、収益を増やすための技術として参考になる、応用的な本を4冊紹介します。

  • 10倍売れるWebコピーライティング
  • 武器としての書く技術
  • 僕らはSNSでものを買う
  • ファスト&スロー

本から学び、応用的なWebライティングの技術を身につけましょう。

3-1:10倍売れるWebコピーライティング

10倍売れるWebコピーライティング

著者 値段 発売日 電子書籍
バズ部 ¥1,598 2014/4/16

商品をAmazonで見る

「10倍売れるWebコピーライティング」は、Web業界でかなり有名なメディアである「バズ部」が出版している本です。

内容は、インターネットで物を売るためのライティング技術といったところでしょうか。本のワークシートを活用し、自分が売りだしたいものを例にしながら実際に文章を書くことで力を付けることができます。

本自体はかなり薄いのですが、内容はかなり濃いおすすめの本です。

関連記事:つい目が止まるキャッチコピーの特徴5つと真似したいテクニック

3-2:武器としての書く技術

武器としての書く技術

著者 値段 発売日 電子書籍
イケダ ハヤト ¥1,620 2013/6/18

Amazonで商品を見る

「武器としての書く技術」は有名なブロガーである、イケハヤことイケダハヤト氏が執筆した本です。

イケハヤさんの実体験を元に、文章でお金を稼ぐにはどうしたらいいのか、稼ぐためにはどんな文章を書いたらいいのか、を学ぶことができます。

特に、Webライティングを駆使して個人で収益を出したい人におすすめの本です。

3-3:僕らはSNSでモノを買う

僕らはSNSでモノを買う

著者 値段 発売日 電子書籍
飯髙 悠太 ¥1,620 2019/8/29

商品をAmazonで見る

「僕らはSNSでものを買う」はWebマーケティングメディア「ferret」の元編集長として有名な飯髙悠太さん初の書籍です。

WebコンテンツにおいてSNSで「シェアされる」というのは、SEO的にも重要なポイントです。

この本では、SNSを駆使してコンテンツをシェアしてもらうSNSマーケティングの手法を学ぶことができます。

「もっと自分のコンテンツを見てもらいたい」と思っているあなたにおすすめの1冊です。

関連記事:Facebookを活用し集客数が2倍に!6つの活用方法と成功事例5選

3-4:ファスト&スロー

ファスト&スロー

著者 値段 発売日 電子書籍
ダニエル・カーネマン ¥907 2014/6/20

商品をAmazonで見る

「ファスト&スロー」は、心理学者ながらノーベル経済学賞を受賞した、ダニエル・カーマネンの代表著書です。人間の行動や意思決定について、かなり詳しく学ぶことができます。

Webライティングと全く関係ないようにも見えますが、実はそんなことはありません。Webライティングでは、読者の悩みや疑問をどれだけ丁寧に、そして的確に解決できるかが重要です。

人間の意思決定の仕組みについて理解しておくと、読者が次にとりそうな行動に合わせて、的確な文章を書くことができます

だだし、この本は上下巻あわせて900ページ近くもあります。上級者向けの内容ですが、かなり参考になるので時間があれば手に取ってみてください。

4:Webライティングを本で学ぶときの注意点

Webライティングを本で学ぶのは重要です。

なんせ、セミナーに通うよりも圧倒的コスパで技術を習得することができます。

しかし、本で学ぶ場合の注意点が2つだけあります

  • 読んだだけでは上達しない
  • Webライティングに多読は不要

気づかないうちにやってしまっている場合もあるので、いま一度確認しておきましょう。

4-1:読んだだけでは効果ナシ

最もよくあるダメなパターンが「読んだだけで満足してしまう」ことです。

Webライティングは文章を書く能力なので、実践しないと身につきません

技術を本で学ぶのは良いですが、手を動かすことも重要だということを忘れないようにしましょう。

4-2:多読は不要

Webライティングの勉強において多読は不要といえます。

例えば、文章の基礎なら、文章の基礎についての本を1冊読めばそれでOKです。似たような内容の本を何冊も買って読んでも、大きく進歩はしないでしょう。

それよりは、1冊の内容を完璧にし、実際のライティングで「自然と発揮できる」レベルにすることが重要です。

まとめ

Webライティングを学ぶのにおすすめの本を、全部で10冊紹介しました。

初心者が選ぶべき最初の本は3冊あります。

  • 沈黙のWebライティング
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義
  • 文章力の基本

なかでも「沈黙のWebライティング」は、飽きずに最後まで読みやすく、基本的な部分から教えてくれるのでかなりおすすめです。

この記事を参考にして、あなたのWebライティングの勉強に役立ててください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 5

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事

    ページ上部へ