バズログ BUZZLOG

MENU

2019-05-30SEO

SEOで重要なタグは全部で8つ!競合サイトに勝つための必勝法を公開

フィクサー 10

目次

SEOで重要なタグとは何か知っていますか?

  • titleタグ(タイトルタグ)
  • metaタグ(meta description)
  • hタグ(見出しタグ)

最低でも上の3つのタグはSEO対策をするときに直接的に関係するタグになります。

なぜなら、ユーザーと検索エンジンにWebサイトをわかりやすく伝えることができるタグだからです。

今回は、SEO対策する上で重要なタグについて概要から設定方法(書き方)まで詳しく解説します。

ぜひ、参考にしてください。

1:SEO対策に欠かせない3つの重要なタグ

冒頭でも伝えましたが、SEO対策をする上で絶対に最適化すべきタグが3つあります。

  • titleタグ(タイトルタグ)
  • metaタグ(meta description)
  • hタグ(見出しタグ)

HTMLタグの中で3つが最もSEO対策に重要なタグです。

3つのタグの書き方とポイントを解説しましょう。

1-1:titleタグ(タイトルタグ)の書き方とSEO対策のポイント

titleタグは、SEO対策に欠かせない最も重要なタグです。

titleタグ

上の図の赤枠部分がtitleタグになります。(狙っているキーワードは「Facebookページ いいね」)

  • 出来るだけ左側に狙っているキーワードを含める
  • 上位サイトより確実にクリックされるタイトルにする
  • 32文字以内に完結するタイトルにする(会社orサイト名は含めない)
  • ページ毎に違うタイトルにする

4つのポイントをすべてクリアすれば、SEOの効果を得ることができます。

関連記事:titleタグを最適化してSEOで1位を獲得するための7つのポイント

1-2:metaタグ(meta description)の書き方とSEO対策のポイント

metaタグは、コンテンツのページを簡易的に説明する重要なタグです。

metaタグ

上の図の赤枠部分がmetaタグになります。(狙っているキーワードは「Facebookページ いいね」)

  • titleタグ同様、キーワードを左側に含める
  • ページの概要を簡潔にわかりやすく記述する
  • どんな情報を得られるのか明確に記述する
  • ページ毎に違うmetaタグにする
  • タイトルでは伝えられないことを補う

5つのポイントをすべてクリアすれば、ユーザーが思わずクリックしてクリック率が上昇します。

関連記事:meta descriptionとは?SEO内部対策に関わる5つのポイントと最適化方法

1-3:hタグ(見出しタグ)の書き方とSEO対策のポイント

hタグは、コンテンツの中にある見出しのタグで、h1~h6を適切に使うことが重要です。

  • h1タグはタイトル同様に狙いたいキーワードを入れる
  • h1→h2→h3の順番で使う(h3のあとにh2を使うのはNG)
  • h4以降はほとんど使わない(階層が深すぎてわかりずらいため)

見出し(hタグ)があることで、ユーザーはコンテンツを読み進めやすくなります。

関連記事:見出しタグの最適化はSEO効果が絶大!設定するときの8つの注意点

2:SEO対策の隠れ技!5つのタグ

SEO対策の初心者の方は、先ほど解説した3つのタグをまずは覚えてください。3つのタグを最適化したあとに、競合サイトと差をつけることができる5つのタグがあります。

  • altタグ(alt属性)
  • aタグ(アンカーテキスト)
  • keywordタグ(meta keyword)
  • canonicalタグ
  • ul/ol/liタグ(リストタグ)

3つの基本的なタグ+5つの隠れ技のタグを最適化すれば、あなたのWebサイトは最強と呼べるでしょう。

圧倒的に競合サイトと差をつけることができます。

2-1:altタグ(alt属性)の書き方とSEO対策のポイント

altタグ(alt属性)とは、画像に「何を示している画像なのか?」をテキストで検索エンジンに伝えるタグです。

画像検索をするユーザーからの流入を増やすことができます。

テキストの内容は、画像の説明or狙っているキーワードを入れましょう。

  1. <img src=”images/1.jpg” alt=”画像の内容をテキストで書く(キーワード)”>

関連記事:alt属性とは?画像の利用を最適化してSEO対策に活かす3つのポイント

2-2:aタグ(アンカーテキスト)の書き方とSEO対策のポイント

aタグ(アンカーテスト)とは、ボタンやリンクするURLにテキストを用いて表示させるタグです。

「こちら」や「詳細を見る」などのアバウトなテキストではなく、狙っているキーワードを含めて自然な文言にしてリンク先に飛ばしましょう。

  1. 1<a href=”https://buzztter.co.jp/”>バズったーのホームページを見る</a>

関連記事:アンカーテキストを適切に書くだけでSEO効果を2倍にする5つの秘訣

2-3:keywordタグ(meta keyword)の書き方とSEO対策のポイント

keywordタグ(meta keyword)とは、検索上位させたいキーワードを設定させるタグです。

基本的には1ページにつき、1キーワードを設定しましょう。

※Googleは、「keywordタグ(meta keyword)を設定しても意味がない!」と言っているが、自分がコンテンツで狙っているキーワードを把握するためにも設定しておいた方が良いです。

  1. 1<meta content=”キーワード” name=”keywords”>

関連記事:meta keywordsの正しい書き方とSEOに関係しない2つの理由

2-4:canonicalタグの書き方とSEO対策のポイント

canonicalタグとは、PCとスマホでURLは違うがコンテンツの内容は同じであるときに1つの評価に統一するタグです。

  • PCサイトのURL:https://example.co.jp/
  • スマホサイトのURL:https://example.co.jp/sp

上の場合、スマホサイトのURLにcanonicalタグを設定してください。

2-5:ul/ol/liタグ(リストタグ)の書き方とSEO対策のポイント

ul/ol/liタグ(リストタグ)とは、箇条書きやリスト形式の項目を使いたいときにユーザーと検索エンジンに見やすいようにするタグです。

文章が続くより、リスト形式で表示した方が見やすいことはありませんか?

SEO対策とは、常にユーザビリティを考えて施策する必要があります。

まとめ

SEO対策に重要なタグについて詳しく解説してきました。

初心者の方は、以下3つのタグの意味と書き方を絶対に覚えてください。

  • titleタグ(タイトルタグ)
  • metaタグ(meta description)
  • hタグ(見出しタグ)

3つのタグさえ最適化できていれば、競合サイトに負けることはないです。

確実に競合サイトと差をつけたければ、、、

  • altタグ(alt属性)
  • aタグ(アンカーテキスト)
  • keywordタグ(meta keyword)
  • canonicalタグ
  • ul/ol/liタグ(リストタグ)

5つのタグを最適化してください。

8つのタグをすべて最適化できれば、あなたのWebサイトは最強になるとお約束しましょう。

誰よりもユーザーのことを考えて、Webサイトやコンテンツを作っていくことがSEO対策で大切なことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 10

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事

    ページ上部へ