バズログ BUZZLOG

MENU

2019-09-27記事制作

Webライティングが上達する!4つの作成手順と8つの注意事項

かまとりーぬ 4

目次

Webライティングとは?どのように行えば良いのか分からない。

上記のようにWebライティングとは、どの様なものなのかお悩みではないでしょうか。

Webライティングについて、簡潔にまとめると「Googleの検索エンジンとユーザーが読み取りやすいコンテンツ」を作成するというものです。効果的なWebライティングは自由に書けばよいというわけではありません。

今回はWebライティングの定義から効果的なWebライティング方法まで、詳しく紹介していきましょう。

1:Webライティングとは?2つの構成方法

「Webライティング」とは、どの様なライティング方法なのか具体的に分かっていない。

Webライティングとは、Googleの検索エンジン+ユーザーが分かりやすいコンテンツを作るライティング手法です。具体的には、検索エンジンが読み取りやすいようにライティングし、検索結果に表示させることを目的とします。検索結果に載せるだけを目的とするなら、SEOで上位表示すれば良いのでは?と考えがちですが、それだけではWebライティングとは言えないのです。

Webライティングは、ユーザーにとって読みやすい構成でコンテンツを作成する必要があります。

またWebライティングは、スマートフォンなどの端末で見たときの読みやすさも含まれるのです。
Webライティングは、ただSEOだけを意識して行うものではありません。
いかにスマートフォンやPCでユーザーがコンテンツを見たときに読みやすい設計であるかが重要なのです。

そんなWebライティングは、主に2つの構成方法でライティングしていくことが出来ます。

  • PREP法
  • SDS法

主に上記2つの構成がWebライティングで使われる手法です。オススメはPREP法で、結論を真っ先に書く方法になります。PREP法はWebユーザーの行動からもっとも効果的なライティング方法だからです。

それぞれの構成方法について詳しく紹介していきましょう。

1-1:PREP法

PREP

PREP法は、Webメディアサイトにオススメの構成方法です。

  • 【P:Point】結論
  • 【R:Reason】理由
  • 【E:Example】具体例
  • 【P:Point】再度結論

PREP法は、ユーザーの疑問や悩みをいち早く解決する事のできるライティング手法です。

結論を一番はじめにお伝えすることで、より深い所の説明文も読んでもらいやすくなります。

ユーザーは何かの疑問や悩みを解決しようと、検索エンジンに特定のキーワードを入力し検索するのです。求めている情報を探しているユーザーは、Webサイトを開き開始3秒で読み続けるか違うページに行くか判断します。文章構成で習う「起承転結」で文章をライティングしていると、結論は最後まで読まないと分かりません。

文章を読みたくないユーザーに、いち早く疑問や悩みを解決できる「結論」を与えることでコンテンツを最後まで読んでもらいやすくなるのです。

1-2:SDS法

SDS法

SDS法は、文章を簡潔にまとめ細かく説明していく手法です。

  • 【S:Summary】全体の概要
  • 【D:Details】詳細の説明
  • 【S:Summary】全体のまとめ

SDS法は、同じ文章の内容を3回に分けて細かく説明していく方法になります。
だらだら感を与えずに、読み手が理解しやすく記憶されやすい文章構成の型なのです。

かんたんな文章やプレゼンには凄くオススメな手法で、テレビやニュース・通販番組などで用いられている手法となります。

2:Webライティング4つの手順と方法

Webライティングの手順が分からない!

上記の様な場合には、紹介する4つの手順を参考にして下さい。

手順に沿ってWebライティングをすることで、Googleの検索エンジンとユーザーへより効果的なコンテンツを作成することが可能です。4つの手順について紹介します。

  • 手順1:構成づくり
  • 手順2:まとまったら書き始める
  • 手順3:第三者にてチェック
  • 手順4:公開(リリース)

上記4つの手順に沿って方法をお伝えしていきましょう。

2-1:手順1:構成づくり

手順1は、構成づくりから始めます。

構成づくりは主に2つの事を意識して行いましょう。

  • (1)ペルソナの設定
  • (2)情報収集と整理

まずはペルソナ(ターゲットとするユーザー)を決定します。コンテンツを作成する際には、必ずペルソナを決めるのです。詳細な人物像を決めることで、より効果的にターゲットへコンテンツを届けることが出来ます。

また、情報収集と整理も忘れないように注意しましょう。
あなたの知識や思いつきだけでコンテンツを作成してはなりません。

必ず正確な情報や最新情報を収集し、ユーザーが求めている情報を提供する必要があるのです。

まずはここから始めてみましょう。

2-2:手順2:まとまったら書き始める

手順2は、コンテンツを書き始めましょう。

この時に注意したいのが、まずは「アウトライン」を作成するということです。
アウトラインとは、コンテンツの「目次」部分を指します。

アウトラインを作成すると、書く内容が定まるので最後まで脱線せずにコンテンツを作成することが可能です。アウトラインを作成せずに書き始めると、方向性がずれたり、最終的に全然違う内容になってしまうことがあります。きちんとユーザーが求めている情報順にアウトラインを作成し、最後まで脱線しないWebライティングを心がけましょう。

2-3:手順3:第三者にてチェック

手順3は、第三者によるチェックを行います。

コンテンツを書き終わったら、ご自身で読み直すことはもちろんですが第三者によるチェックを行いましょう。

  • 誤字脱字はないか?
  • 内容が脱線していないか?
  • ユーザーが求めている情報を書けているか?

上記3つの事を意識して最終確認を行います。

2-4:手順4:公開(リリース)

手順4は、ついに公開(リリース)をしましょう。

ペルソナに設定したユーザーに合わせて、配信する時間帯を決めると効果的にユーザーへ届けることが可能です。特にWebサイトが見られている時間帯は3つに分かれます。

  • ① 7:00~9:00
  • ② 12:00~13:00
  • ③ 19:00~20:00

Webサイトにユーザーが多くアクセスしている時間帯に公開することで、より見てもらえる可能性が高くなるのです。またコンテンツを公開したら、SNSでも配信することを忘れない様にしましょう。

SNSでコンテンツを配信することは、直接的にSEO効果がないとも言われています。しかし間接的に影響を与えることは確かですので、流入の機会を逃さない様にしましょう。

3:Webライティングで注意すべき8つの事項

Webライティング時に注意すべき点はないのか?

Webサイトは印刷物に比べて、全体内容が捉えづらくて文字が読みづらいという特徴があります。

そんなWebサイトでコンテンツを読んでもらうために、注意すべき点は8つあるのです。

Webライティング時に注意したい基本的な8つの注意事項について紹介しましょう。

  • スマートフォンでの見え方
  • 簡潔な文章
  • 適度な改行
  • 装飾をつける
  • 写真や画像を含める
  • 文末の統一
  • 伝わる言葉で書く
  • コピーペーストはしない

さっそく上記8つの注意事項について詳しく解説していきます。

3-1:スマートフォンでの見え方

1つ目の注意事項は、スマートフォンでの見え方です。

Webライティングで大事なポイントでもある、スマートフォンでの読みやすさも意識しておく必要があります。

PCで読む分には読みやすいが、スマートフォンだと読みづらい・・・
このような場合には効果的なWebライティングとは言えないのです。

コンテンツを公開する前に、必ずスマートフォンでの表示を確認する様にしましょう。また、Webサイト自体も「レスポンシブ モバイルデザイン対応」にしておく必要があります。WordPressをお使いの場合には、レスポンシブ対応のテーマを使うことで簡単に切り替えることが可能です。

スマートフォンで見たときに読みやすい構造となっているか、注意してチェックする様にしてください。

関連記事:モバイルフレンドリーアップデートに打ち勝つ2つのSEO対策

3-2:簡潔な文章

2つ目の注意点は、簡潔な文章を意識するということです。

だらだらと長文でかかれた文章は、読む気が失せます。

読むわづらわしさを解消するためにも、箇条書きを含めるなどし読みやすさを意識してみてください。

3-3:適度な改行

3つ目の注意点は、適度に改行するということです。

だらだらと長い文章が続くと、どんな文章でも読むのが面倒になります。
適度に改行を行い、見やすい文章を心がけましょう。

ライターにより文章の書き方が違う場合には、ライティングルールを設けると効果的です。
3行続いたら改行する!などルールを定めた方が、チェックする際に手間を省くことが出来ます。

3-4:装飾をつける

4つ目の注意点は、装飾を付けるという事です。

装飾にも様々な種類がありますが、大きく分けると2つあります。

ライティング 注意点

  • 見出しを付ける
  • 文字にインパクトを付ける

1つ目は見出し(hタグ)です。
見出しを付けるということは、SEO的にも忘れてはいけないポイントになります。コンテンツの内容をGoogleの検索エンジンに伝え、ユーザーにとってもコンテンツの中身が分かりやすくなるからです。

見出しについては下記の記事にて、重要性を確認しましょう。
関連記事:見出しタグの最適化はSEO効果が絶大!設定するときの8つの注意点

2つ目は、文字にインパクトを付けるという点です。
文章中の大事な部分を、大文字にしたりを付けたり下線を引くことで文章にメリハリをつけることが出来ます。単調な文章へメリハリをつけることにより、文章が読みやすくなるという効果があるのです。

3-5:写真や画像を含める

5つ目の注意点は、写真や画像を含めるという点になります。

文章中に適度な写真や画像を含めることにより、文章が分かりやすい形へとすることが可能です。

文章だけのコンテンツは、どうしても飽きてしまいます。

適度に画像を含ませることによって、ユーザーを飽きさせず視覚的に読んでもらうことが可能です。またSEO観点からも、ユニークな画像は評価される傾向があります。文章だらけにせず、写真や画像を含ませることを意識しましょう。

3-6:文末の統一

6つ目の注意点は、文末の統一です。

Webサイトによって、誰に向けたコンテンツなのかは変わってきます。
そこでペルソナに沿った文末を全コンテンツで統一する様にしましょう。

ですます調・~だ、などコンテンツ中でバラバラにしない様に決めておく必要があります。

オススメは「ですます調」です。

どんなユーザーにも親しみを持ってもらいやすく、Webライティングでは最適な文末と言えるでしょう。

3-7:伝わる言葉で書く

7つ目の注意点は、伝わる言葉で書くということです。

コンテンツの中で、あなた独自の表現や専門的な用語を連発するのは止めましょう。

誰が読んでも分かる言葉で、ペルソナに沿った言葉を用いる必要があります。

例えば、初心者向けコンテンツなのに専門用語ばかり使用していてはユーザーの利便性を考えていないですよね。ユーザーが分かる言葉で、親切にライティングをする必要があります。

3-8:コピーペーストはしない

8つ目の注意点は、コピーペーストをしないという点です。

Webライティングだけでなく、他のWebサイトからコピーしてきた文章を使用するのは危険な行為となります。Googleよりペナルティを受ける可能性があるので、必ず自分の言葉でライティングをする様にしてください。

4:Webライティングを学ぶ3つの方法

Webライティングを学びたい!

上記のように考えていても、どの様に勉強していけば良いのか分からないという場合もあるのではないでしょうか?Webライティングを学ぶ方法は、主に3つあります。

  • 本から学ぶ
  • クラウドソーシングを活用する
  • 講座を受ける

オススメの方法は本で一通り学んだあとに、クラウドソーシングで書きまくるという方法です。

Webライティングは書かない事には上達しません。まずは本で学んだあとに、実践してみるのが効率的に上達することが可能です。上記3つの方法について詳しく紹介していきましょう。

4-1:本から学ぶ

1つ目の方法は、本から学ぶ方法です。

Webライティングを学べる本は、世の中に沢山出回っています。
初心者~上級者までレベルに合わせた方があるので、ご自身のレベルにあった本で学んでみると良いでしょう。

また、何かを学び始める際に「本」で学ぶ方法はとても効率的です。何から始めていいか状態なら、本で全体像を把握することが出来ます。ぜひ本でWebライティングについて学んでみて下さい。

Webライティングが学べるオススメの本は、以下の記事をご覧下さい。

関連記事:【初心者必読】Webライティングのおすすめ本10選で最速上達

4-2:クラウドソーシングを活用する

2つ目の方法は、クラウドソーシングを活用する方法です。

クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定多数の人へ業務を発注する事の出来る方法になります。
企業はクラウドソーシングを活用して、記事制作を発注依頼することが可能です。

クラウドソーシングを活用すれば、個人でも自分のスキルや知識を生かして仕事を受けることができます。
記事制作のレベルは発注内容により異なるので、自分のレベルに合わせて記事を書くことが可能です。

クラウドソーシングを利用して記事を書く練習すれば、確実にレベルアップすることが出来ます。

発注者側も修正点を指摘してくれるので、勉強するには良い活用方法でしょう。

4-3:講座を受ける

3つ目の方法は、講座を受けるという方法になります。

Webライティングの講座は日本各地で開催されているのです。

インターネットで「Webライティング 講座」と検索すれば、現在行われている講座をチェックすることが出来ます。Webライティングのノウハウを持った人物から、Webライティングについて学ぶ事も良い方法の1つです。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

Webライティングについて、詳しく紹介してきました。

Webライティングは、検索エンジンが読み取りやすいようにコンテンツを整えて検索エンジンに表示させることを目的としています。ただしSEOだけを意識するのではなく、Webライティングはユーザーへの読みやすさも考慮する必要があるのです。

スマートフォンでコンテンツを見たときの見やすさや、コンテンツ内容の読みやすさも重要視されます。

ポイントを抑えて有益なWebライティングを心がけてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 4

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事

    ページ上部へ