バズログ BUZZLOG

MENU

2019-08-16記事制作

WebライティングでSEO効果を高める3つの基本と7つのテクニック

ゆっけ 4

目次

WebライティングがSEOで重要らしいけど具体的に何をしたらいいの?

Webライティングですべきことはたった1つです。

検索ユーザーの気持ちを130%考えた記事を作ること

ユーザーの気持ちを全く考えていない記事は、どのような小手先の技術をつかっても上位表示はできません。

この記事では、Webライティング初心者から中級者に向けて、SEO効果を高めるための3つの基本から、今すぐ使える7つのテクニックを解説していきます。

1:WebライティングでSEO効果を高める3つの基本

SEOを意識したWebライティングにおいて、必ず知っておかなければいけない基本は3つあります。

  • 全ての根本はユーザーファースト
  • 1コンテンツ1キーワード
  • 独自性を高める

現在のSEO対策は、Googleの考えを知ることから始まります。なぜなら、日本で利用されている検索エンジンの90%はGoogleの仕組みを利用しているからです。

この章では、Googleの考えを知りながら、Webライティングの基本を学んでいきましょう。

1-1:全ての根本はユーザーファースト

WebライティングでSEO効果を高めるためには、検索してくるユーザーの利便性を第一に考える必要性があります

これは、Googleの理念でもあり、現在のSEO対策の根本ともいえるでしょう。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

引用:Googleが掲げる10の事実

よって、SEOに強いWebライティングをマスターするには、ユーザーの気持ちを130%考えたコンテンツを作成する必要があります。

検索エンジンを利用するユーザーは、何かしらの疑問や悩みをもっています。

例:「Webライティング 方法」と検索する人は、Webライティングの手法やコツを知りたい

上記のような、検索するユーザが持っている疑問や悩みを「検索意図」と呼びます。この検索意図を130%理解し、ユーザーが求める情報を正しく提供することが、現在のWebライティングの基本です。

1-2:1コンテンツ1キーワード

WebライティングでSEOに特化したコンテンツを作成する場合、1コンテンツにつき、1キーワードが最適です。

例えば、1つのコンテンツ内に「スニーカー」「サンダル」「スポーツシューズ」といった3つのキーワードで文章を書いたとしましょう。

「サンダル」で検索してくる人は「スニーカー」の情報は全く必要としていませんよね。

つまり、キーワードを詰め込みすぎたサイトはユーザにとっての利便性が高いとはいえず、ユーザーの気持ちを130%考えたコンテンツとはかけ離れてしまいます。

よって、Webライティングの基本は1コンテンツ1キーワードなのです。

関連記事:SEOするキーワード数は1ページにつき1個が最も効果的な理由

1-3:独自性を高める

SEO効果を最大限高めるWebライティングでは、独自性(オリジナリティ)を意識することも重要です。

どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトと言えるようになるかを考えてみる

引用:Googleウェブマスター向けガイドライン

「じゃあ独自性ってどうやって出したらいいの?」

Webライティングにおいて独自性を高めるポイントを3つ紹介しておきましょう。

  • 自分の体験談や意見を書く
  • オリジナルの画像やイラストを利用する
  • 独自の調査や統計を利用する

競合サイトと同じ内容を書いただけでは、検索で上位に表示することは難しいです。オリジナリティを出し、自分だけのコンテンツを作成しましょう。

2:ユーザーの検索意図の分析方法

1章では、WebライティングでSEO効果を最大限高めるためには「検索ユーザーの疑問や悩みに130%応える必要がある」ことを解説しました。

検索ユーザーの考えに130%応えるためには、「検索意図」の分析が欠かせません。

検索意図とは「なぜユーザ―がそのキーワードで検索したのか、何を知りたいのか」といった、検索ユーザーの気持ちのことです。

検索意図を簡単にできる分析方法は3つあります。

  • 検索結果を分析
  • 知恵袋などのQ&Aサイトで検索
  • 関連キーワードやサジェストから推測

それぞれ詳しく見ていきましょう。

2-1:検索結果を分析する

ユーザーの検索意図が最も現れるのは検索結果です。
よって、これから作成するコンテンツのキーワードについて、実際に検索してみましょう。

検索結果

 

現在の検索結果には、ユーザーにとって有益なコンテンツ記事がすでにたくさん上位表示されています。よって、上位に表示されている記事の内容を分析することで、ユーザーの求めている情報を最短で理解することが可能です。

「でも分析って具体的に何をしたらいいの?」

検索結果の上位10サイトを確認して、下記のポイントを確認しましょう。

  • 各サイトにどのような内容が書かれているか
  • 共通して書かれている内容は何か
  • それぞれのサイトの独自性はどこか

WebライティングでSEO効果を高めるためには、分析結果をもとにして、上位10記事よりもユーザーの悩みや疑問を的確に、そして分かりやすく解決する内容をライティングします。

2-2:知恵袋などのQ&Aサイトで検索

ライティングするキーワードについて、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトで検索してみるとさらに有効です。

特にYahoo!知恵袋は、人が抱えている「リアルな悩み」を検索することができます。

例えば、「ダイエット 朝食」とYahoo知恵袋で検索してみましょう。

知恵袋の検索窓

すると「ダイエット中に朝食はとるべきかどうか」という悩みがあることが分かりました。

知恵袋の検索結果

悩みに対して、どのような回答がベストアンサーに選ばれているかを確認することで、検索意図に関連する悩みとその回答を推測することができます。

2-3:関連キーワードやサジェストから推測

3つ目は、 Google検索の関連キーワードやサジェストを分析する方法です。

サジェストや関連ワードからは、検索ユーザーが他に知りたい情報を推測することができます。

例えば、「ダイエット 朝食」と検索してみましょう。

関連ワードとサジェスト

関連ワードに「ダイエット 朝食 バナナ」、またサジェストにも「ダイエット 朝食 バナナ」と表示されています。

ここから、「ダイエット 朝食」と検索している人は「朝食にバナナを食べることがダイエットになるのか」について知りたい人が多い、ということが推測されます。

プラスアルファの情報は、記事のオリジナリティにもつながるので、Webライティングで内容に困った場合は、関連キーワードもチェックすると良いでしょう。

3:今すぐ実践できるWebライティング7つのテクニック

WebライティングでSEOさせるためには、コンテンツの内容が最重要です。

それに加え、SEOを意識したWebライティングの技術があれば、さらに上位表示の可能性は高まります。

3章では、今知って今すぐ使えるSEOを意識したWebライティングの技術を7つ伝授しましょう。

  • 32文字のバズを意識したタイトル
  • 書き出しでユーザーを惹きつける
  • 検索エンジンにコンテンツの内容を正しく伝える
  • 適度に改行して文章を見やすくする
  • 論理的な文章を心がける
  • 不必要な情報を詰め込みすぎない
  • 正しいタグの使い方を心がける

早速解説していきます。

3-1:32文字のバズを意識したタイトル

タイトルはコンテンツの内容と同じくらい重要です。

コンテンツ(記事)をイタリア料理店に例えると、コンテンツの内容は料理で、タイトルはお店の外観です。どんなに美味しい料理を出すお店でも、外観に清潔感が無ければ入店すらされません。

つまり、どれだけ良い内容で上位表示されても、タイトルが微妙だとクリックされないということです。

バズらせるタイトルのつけ方は、ここでは解説しきれないため下記の記事を参考にしてください。

関連記事:バズらせるなら32文字を意識!SEOのタイトル文字数と4つのコツ

3-2:書きだしでユーザーを惹きつける

書き出しとは、本文よりも前の文章のことです。

書き出しを雑に書くと、本文を読んでもらえないこともあり得ます。

書き出しのポイントは3つあります。

  • 記事の結論を伝える
  • コンテンツを読むメリットを伝える
  • つづきを読みたくなるような文章を意識する

上記3つを意識することで、文章を読まずに離脱するユーザーを減らす効果があります。

3-3:検索エンジンにコンテンツの内容を正しく伝える

あなたのサイトは、検索エンジンに「何について書いているコンテンツなのか」を正しく伝えることができているでしょうか?

Googleのロボットにコンテンツの内容を正しく伝えることで、任意のキーワードで上位表示される可能性が高くなります。

次の2つのポイントを意識すると良いでしょう。

  • タイトルにはキーワードを入れる
  • 可能ならば見出しにもキーワードを入れる

例えば、「検索エンジン」というキーワードでコンテンツを作る場合、タイトルだけでなく見出しにも「検索エンジン」という言葉をいれます。

関連記事:検索エンジンの仕組みが5分で分かる!初心者向け解説と3つの最適化

3-4:適度に改行して文章を見やすくする

ユーザーに130%満足してもらうためには、読みやすい文章を意識することも重要です。

今からでも簡単にできる改善点として「適度に改行する」ことが挙げらえます。

検索ユーザーの中には文章を読むのが嫌いな人も多く存在します。よって全く改行がない論文のようなコンテンツはあまり好まれません。

可能であれば、イラストや吹き出しを活用して、誰もが読みやすい漫画や雑誌のような雰囲気を出すと効果的です。

3-5:論理的な文章を心がける

論理的な文章を心がけることは、ユーザーの納得度に影響します。

論理的な文章というと難しく聞こえるかもしれませんが、3つのポイントを意識すればOKです。

  • 結論を先に伝える
  • 意見にはその理由を書く
  • イメージしやすい具体例を出す

特に、難しい内容でライティングをする場合は、誰でも分かりやすい具体例が特に重要になってきます。

3-6:不必要な情報を詰め込みすぎない

ユーザーの検索意図に沿わない不必要な情報を詰め込むのはよくありません。

知りたくもない情報を与えられたユーザーは記事から離脱しやすいです。

1章でも述べた通り、1コンテンツには1キーワードをオススメします。

3-7:正しいタグの使い方を心がける

Webサイトは、HTMLというマークアップ言語で作成されています。

Webライティングにおいて全てのHTMLを把握しておく必要はありませんが、最低限正しい使い方はしなければなりません。

なぜなら、サイトを巡回するGoogleのロボットが、サイトを正しく把握できなくなってしまうからです。

SEOで重要な8つのタグを下記の記事で解説しているので、正しく使えているかチェックしましょう。

関連記事:SEOで重要なタグは全部で8つ!競合サイトに勝つための必勝法を公開

4:SEOに強いWebライティングを身につける3つの勉強方法

Webライティングについてもっと詳しく身に着けたい

そんな人におすすめの勉強方法を3つ紹介します。

  • 他人のライティングを参考にする
  • 本を読んで勉強する
  • コンサルティングをしてもらう

Webライティングは、一朝一夕で身につくスキルではありませんが、コツコツと積み上げることで、間違いなくSEO効果も実感できるはずです。

4-1:他人のライティングを参考にする

最も手軽に、しかも無料で勉強できる「他人のライティングを参考にする」方法があります。

要するに「上手な人から見て学べ」ということです。

参考にするべき人には次のような人がいます。

  • 有名ブロガー
  • 有名アフィリエイター
  • SEO対策会社のライター

自分が「読みやすい」と思った人の真似をして書いてみると、早く上達するはずです。

4-2:本を読んで勉強する

次にWebライティングやSEOに関する本から学ぶ方法です。

Webライティングに関する本は多数出版されています。

ただし、本から学ぶときには次に注意しましょう。

  • 読んだだけにならないようにする
  • ライティングを実践する

文章を書く能力は、実際に手を動かして書かないと絶対に上達しません。たくさんコンテンツを作ることが上達の近道でしょう。

関連記事:SEOを本で学び検索上位を目指せ!絶対におすすめしたい対策本9選

4-3:コンサルティングしてもらう

Webライティングについて詳しい人や企業にコンサルティングしてもらうという方法もあります。

詳しい人に直接教わることは、何事でも早く上達します。

コンサルティングは短時間で最大の成果を得たいときにオススメです。

まとめ

WebライティングでSEO効果を高めるための基本は3つありました。

  • 全ての根本はユーザーファースト
  • 1コンテンツ1キーワード
  • 独自性を高める

上記3つの基礎をしっかり理解したうえで、紹介した7つのテクニックを使えば、SEO効果を最大限高めることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 4

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    目次

    関連記事

    ページ上部へ